Cat

投稿日:2009/08/23 22:30:36 | 文字数:676文字 | 閲覧数:74 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

http://piapro.jp/content/0u49kk6fdzm8wd5kの歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 




また今日もいつものように 太陽が昇って
すがすがしい朝を迎えるはずだったのに
なんだこの頬に当たるやわらかい感触は
今日は日曜日の朝なんだ 肉球で起こさないで

餌を求める君の目には やっぱり勝てないんだ
餌が気に入らなきゃ引っかくのはムカつくけれどさ

撫でててもネコパンチ もっとひどけりゃ噛り付き
君のせいで作った傷は何個あるだろうか
僕の足を枕にすんな 夜行性だろ?外に行け
寝苦しくてしかも熱いけど まぁ、たまには来ていいぞ


また今日もいつものように 太陽が昇って
ボクの枕が動き出した 朝が来たらしい
朝ごはんの時間だな ボクに餌をくれ
面倒くさそうな顔すんなよ また顔を引っかくぞ

なんだかんだ言ってもボクはさ キミが大好きなんだ
こんな事言葉が通じてちゃ、言えるわけないけど

「そこじゃない」ネコパンチ 「痒いのこっちだ」噛り付き
ボクは人の言葉を喋れないからこれしか出来ないんだよ!
キミがいなけりゃボクは今頃 生きてすらもいないかも
もし人の言葉を喋れても 「ありがとう」なんて絶対言わないけど


La(にゃ)...

猫の寿命は人のより だいぶ短いって聞いたけど
ちょっと突然すぎやしないか? どうすれば助かる?
神様がいるとすれば ひどく残酷な性格だろう
せめて心の準備くらいは する時間を与えてよ

君(キミ)と一緒に育って僕(ボク)は幸せ者だよ
遠くに行ってもボクはキミを 見守り続けるよ(見守り続けてよ)
溢れて止まらない想い出が 僕(ボク)らを繋ぎ続ける
何年もしてそっちに行ったら また遊んで暮らそうね

音楽が好きです。でもぞうさんの方がもーっと好きです。嘘です。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP