あいまいに、ゆらる

投稿日:2017/03/27 23:03:31 | 文字数:338文字 | 閲覧数:261 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

君の本当も、僕の本当も、
全部、全部、見たくないな

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

曖昧は心地いい
君の本当も嘘も
覗くのは辛すぎるから


所詮そんなもんだろう?
僕だけ損なのは
あまりに痛すぎるから


心は素直になる術をしらないの
故に、幸せにすらなれないの?


ゆらりゆらるる、ふわふわきえた
曖昧な君の言葉に苦しむのはごめんなんだ
ゆらる、ゆらりら、ふわふわ溶ける?
相対で笑いあったあの時間すら、本当は


「意味なんてない」
それで本当は終わるんだ
覗かないで恥ずかしいでしょう
気持ち悪い「本当」を触らないで


ふざけた顔文字で
本心は隠したまま
君の本当も、僕の本当も、
全部、全部、見たくないな


ゆらり、とけゆく、うそはとけない
曖昧な僕の言葉に隠れた本心なんてないんだ
ゆらる、うらはら、甘さにとけて
相対のキス、目を閉じたのは、

もっと見る

▲TOP