一周旅行記

投稿日:2017/05/23 13:41:06 | 文字数:523文字 | 閲覧数:165 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

『一周旅行記』の歌詞です.

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

不意の瞬間に懐古欲が出て
昔の日記など開いたりする
まるでジェットコースターみたいな
日常が綴られてる

試験の結果とか 部活の遠征とか
取り留めもないような一幕だとか
一つ一つ噛み締めるように
生きていたものだったなぁ

何処を向いてんだろう 何に泣いてんだろう
心が宙に浮いた感覚
それすらも今じゃ笑い飛ばせる

あちこち巡る旅人のように
一つずつを胸に積もらせた
重なり合った光と闇は
今も僕の手を引いているのかな

政治の問題とか 仲間の選定とか
個性と障碍の境目だとか
右へ左へ移りながら
自分を固めていったなぁ

何てことないよ 別に大丈夫さ
無理な笑顔で涙流す
それすらも今じゃ糧になって

初めて行った旅先のように
一つずつが胸を動かした
重なり合った光と闇は
共に掛け値のない宝物

自信の種は未来の胸を張らせ
不安の種は悩みの先で萌える
迷惑を掛けず 死なない限りは
全てのことが 僕への旅路だ
……そうだよな?

あちこち巡る旅人のように
一つずつを胸に積もらせた
重なり合った光と闇は
今も僕の手を引いてるよ

たくさんの僕を一回りして
帰り着いた場所も僕なんだ
だけどそれは同じじゃなくて
ちょうど一回りぶん上を行く僕だ

Altz(アルツ)と言います!
自作曲のインストデータ置き場として利用しています。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 一周旅行記(昇圧前instrumental)

    by Altz(アルツ)さん

  • 一周旅行記(instrumental)

    by Altz(アルツ)さん

もっと見る

▲TOP