「西の月」

投稿日:2013/11/29 10:12:10 | 文字数:417文字 | 閲覧数:66 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

百人一首、赤染衛門の歌にインスピレーションを受けて。
和風な歌詞を書いてみたかったけど、なんか違う……
どなたか曲を付けて下さると飛び上がって喜びます。

「やすらはで 寝なましものを 小夜更けて かたぶくまでの 月を見しかな」
(あなたが来ないと知っていたら) さっさと寝てしまえばよかったものを、
(あなたの約束を信じて待っていたら) とうとう明け方の月が西に傾くまで眺めてしまいました。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「やすらはで 寝なましものを
 小夜更けて かたぶくまでの 月を見しかな」

静寂の闇夜 帳を開けて そこにいるのは誰か
あなたを想ふ 私の願望と幻聴か

朝方の月に 出ずる太陽 あなたはどこにいるの
あなたを想ふ 私の幻想と愛情を

届かぬ思いと知りながら いついつまでも待ち焦がれ

「やすらはで 寝なましものを
 小夜更けて かたぶくまでの 月を見しかな」

詠う夜(よ)に あなた想ふ
月夜と朝 二つの隙間 私の恋情

静寂の月夜 月を見上げて 寒さに溜息
あなたを想ふ 私の恋情と愛情を

知りもせず あなたは常に徒然なるまま
あなたを想ふ 私はただ待ち続ける

いっそ届かぬ想いならば 朝陽に焼かれてしまへ

「やすらはで 寝なましものを
 小夜更けて かたぶくまでの 月を見しかな」

あなたさえ 来ないものとしれば
いつまでも 待つことなど しなかったのに

待つ間 月は西へと
傾いて私は それを眺めているだけだった

春46(ハルシロ)です。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP