緋色花簪

投稿日:2012/05/30 20:41:23 | 文字数:1,305文字 | 閲覧数:328 | カテゴリ:小説 | 全2バージョン

ライセンス:

趣味で書いてみました。
りん=鏡音リン 連=鏡音レン 
みく=初音ミク めい子=MEIKO
で、おねがいします。


 追記

お陰さまで、注目の作品に追加されました!
皆さまには伝えられないほどの感謝という感謝で
このイズミ草、いっぱいでございます!!

ありがとうございます!!

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

 [第1話] ~ 出逢う。

目が醒めると、私は見知らぬ場所にいた。床には畳が敷かれ、横には神棚がある。
どうみても私の家ではない。
 ”ここは、どこだろう・・・?”
それすら思い出せない。でも、自分の名前ぐらいは思い出すことができた。
私の名前は  ”鏡音リン”
 
 しかし此処は何処だろう・・・?と思っていた時だった。
「あら、起きましたか。」
と、後ろから女の人の声がした。
急いで振り返ると、綺麗なひとがやさしい笑顔を浮かべていた。

「お体はもう、大丈夫ですか?」

結構人見知りの私は、だいぶどもってから
「・・・っはい・・・っ!」
と、返事した。

 女の人は、にっこり笑って誰かを呼び始めた。

 と、私とよく似た顔をした男の子が襖の後ろにあらわれた。
とたん、うれしそうな無邪気な顔をして私によってきた。
「名前はなんというのですか?」

的外れな質問に私は、一瞬困ってしまった。

 私は、歴史小説がすきだった。 いま思い出した。
たぶん、ここは <江戸時代>だ。
女のひとも男の子も、着物を着ているし。
たしか、この頃は武士しか苗字を持ってなかったんだっけ・・・?
ってことは、”鏡音”は名乗らないほうがいいか。

「リンといいます。」

というと少年は、一層うれしそうに、

「私は、この鏡屋の若旦那で、連というんだ。」

・・・連・・・。
 連なら、知ってるかもしれない。

「私は、どこにいたの!?」

急に大声を出した私に、連は、少し驚いて

「3日前私が、丁度、常連の所へ帯を持って行った帰りのことだよ。人だかりができていたから、すこし道草したんだ。そこには見知らぬ女の子がたおれていた。」

「それが・・・わたし・・・?」

「髪が黄色だったから、可哀想とおもっても預かる気にはならなかったんだろうねえ。」

 そうだった、私が金髪だった。
でも、すこし気にかかることがあった。

「どうして、連は私をひろってくれたの・・・・?」

 そういうと連は少し微笑むだけだった。そして、
「この者は呉服鏡屋の奉公人で、めい子という。」
綺麗なひとは、
「申し遅れました、めい子といいます。」
と、深々とあたまを下げた。

「連さーーん」
と、店表から声がした。
 連は急いで声のするほうへ駆けて行った。

 めい子が、
「りんさんも行きますか?」
と訊いてきた。

私は、「はい」と返事して、めい子さんに綺麗な山吹色の着物を着せて貰った。


 店表へ行くと、連と笑顔のかわいい少女が親しそうに話している。
その子が、私に気がついた。
「連さん、あの子は・・・?」
連がこちらに目を向ける。
「3日前、みちに倒れていた子だよ。家で、預かることにしたんだ。“りん”というんだ。」

 連が私に手招きする。おずおずと私は、近づいていく。

「りん、こちらはお武家の初音家の娘さんで、鏡屋の常連の、みくさん。」
「・・・こんにちは・・・。」

 思い切り睨んでくる、みく。
苦笑いをうかべる私、なにも気が付いていないみたいに、笑顔を浮かべる、連。


  なんだか、波乱の、予感、です。

あなたの掘り出し物になりたい 2015 9/23
 
●最近はあまりいませんが、生きてます
●リクエスト、アイコン等依頼はどんとこ~いです!
 ぜひ一言お声かけください。
●もし(ないとは思いますが)、イラストなどを使用する場合は、事後報告でも結構ですので一言お声かけください。
 出来れば、URLを貼ってくれると助かります。

●pixiv→http://pixiv.me/izmi_soh
 twitter→https://twitter.com/izumisososo
●大体、ボカロはみんな好きですw

●アイコンはぴつ。さんに描いてもらいました!
 本当にありがとうございますっ

 自作小説、イラストは、ブックマークにまとめております。
是非ご利用ください。

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP