0409

投稿日:2016/04/21 19:19:36 | 文字数:329文字 | 閲覧数:986 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「22歳を境に泣き虫になって
過ぎていく時代の呆気なさに
何がしたかったのかを見失う」

ってたった三行のメモを見付けた僕は
あと10日もすりゃ26歳になる
「懸命に生きている」
言えるのはそれくらいだなぁ
過ぎていく時代の呆気なさは
日ごとに増していくばかりさ
毎日違う自分を生きたいけど

偉大な詩人もサックスプレイヤーも僕も
みな平等に老いていくはずが
なぜか僕だけ変わらない様な
ああ老いたのは体だけの様な
鮮明に憶えている
あの夏の大きな愚かな決意を
見える選択肢はおびただしく
みだりに試す時間もなかった
今更後悔なんて出来ないけど

堪えている涙の色は今も同じ
考えるよりはやく走っていた
懐かしい自分に手を振ったら
また戻ってみよう青い季節へ

二次利用に関しまして(歌ってみた・演奏してみたなど)、ニコニコ動画やYouTube等での使用であれば自由にしていただいて構いません。
キー変更等もご自由に。ご連絡も必要ありません。
※原曲音源やオケ音源のみの転載はお控えください。

CDへの収録や、ライブでのオケ使用、営利目的の使用につきましては、メールでご連絡くださいませ。nio_adess_c5@live.jp
(無断での使用はご遠慮ください。)

また、メッセージの返信はしておりませんので、そのほか返信が必要な方もメールでご連絡下さい。

もっと見る

もっと見る

▲TOP