「雨上がりのブランコ」

投稿日:2020/06/27 16:31:02 | 文字数:307文字 | 閲覧数:37 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

雨上がりの公園で
ひとりぼっちのブランコ
みずたまりを飛び越えて
君のもとへと向かおう

 

 

 
悲しい時も嬉しい時も
君は隣にいてくれた
悲しみは2分割
嬉しさは2倍だね

 

長く伸びた影はいつも
僕らの時間の終わりを差して
暗くなる前に帰りなさいと
お母さんがいつも言ってたな

 

昼下がりの公園で
ふたりきりのブランコ
悲しいことは向こう側に
置いて行こう 境界越えて

 

 

 
1回転すればいつもと
違う景色が見えるかもね
そんなこと言って消えてった
君のこと まだ今も想ってるよ

 

 

 
雨上がりの公園で
ひとりぼっちのブランコ
白い線を飛び越えて
君のもとへと向かおう

趣味で作詞してる学生です
気に入って頂けたら
ありがたいです!

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP