安田さんの件について。

投稿日:2018/11/04 11:39:51 | 文字数:1,040文字 | 閲覧数:67 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

今回の安田さんの件に関しては、「自己責任論」などいろんな批判があがっているが、

その前に一人の監禁された人間が無事助かったんだからまずは労いの言葉をかけるのが人としての最低限の道徳なんじゃないのか。

確かに理屈でいえば、この人のためにたくさんの税金が使われたり、たくさんの人が振り回されたっていう事を考えると、それに対しての謝罪は人として必要だと思う。

もし謝罪がなかったらジャーナリスト以前に人としての問題になってくるので、謝罪はするべきだと思う、そして安田さんは会見で一番に謝罪をした。

そして今回論争になっている「自己責任論」に関しては、私は反対で、
みんなよく「行くなと言ったのになんで行ったんだ」と批判するけど、
それはあくまでも結果論で言っているだけであり、
今回はこういう結果になったから、みんな言っているにすぎない。

人間というのは時には理屈を全部捨てて行動したり、
誰かの言うことに逆らったり、
ルールを破って行動する事も必要だと思う。

登山家なんかも雪山で遭難したら、
「お前が悪い」って叩かれるけど、そんな事ばっかり言っていたら、何も出来ない、前に進まない。

今までの日本の歴史を振り返ってみてもルールを破った事によって新しく分かった事や、
新しい発見や、学んだ事や、先々いい結果に繋がったり、
成功した例はいくらでもある。

だからルールを破る事を全否定するのはナンセンスだと思う。

何でもかんでも結果だけで、ものを言うのはズルいと思う。

仮に結果が良くなかったとしても、その経験をいかして、次に繋げればいいだけ。

結局ルールだって人間が決めているのであってそのルールが正しいとは言いきれない、それは「貴乃花問題」にも言える事だと思う。

そして何より、他所の国で監禁されて、やっと無事に帰ってきた人に対して、「お帰りなさい」の一言も言えない日本人は冷たい民族だなと思わされた。

日本人もだんだん「理屈主義」になってきたのか。

なんだか、「お硬い論文」や、「計算式」を見せられてる見たいで、なんかスッキリしない。

何でもかんでも理屈をふりかざして、「自業自得」だとか、「お前が悪い」とか言って、
日本人はなんか「人間らしさ」が無くなってきているような気がする。

もちろんそういう人は少数であると願いたい。

人間には「情」というものがあるんだから、何でもかんでも理屈でものを言っても仕方がないだろう、ロボットじゃないんだから。

ニコニコ動画などに曲を投稿しています。

歌詞に曲を募集しています。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP