遠くにいても(歌詞)

投稿日:2010/11/12 20:46:05 | 文字数:434文字 | 閲覧数:62 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

アップさせていただいている曲「遠くにいても」の歌詞です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「遠くにいても」

透き通るような 青空の下 君を待ってる
少し冷えたベンチの前で 心を踊らせて

一人でいると 寂しくて会いたくて
でも今日は 君と二人で過ごせる 大事な時

少し急ぎ足で 「待たせてごめん」って微笑んだ
前と変わらない笑顔に 嬉しくて泣いてしまった
今君がここにいること 何より温かいよ

ゆっくり歩きながら 君の声に耳を傾けてる
遠い空で頑張る君を 誇りに思いながら

心配そうに 時々時計を見るから
悲しくなって手首を握った ずっと一緒にいたくて

離れ離れになりそうな不安が 心揺さぶるけれど
「大丈夫」と笑ってくれる 君の言葉に安心するよ 
泣き虫でごめんね でもその手を離さないで

「バイバイ」の言葉怖くて またぽろぽろ泣いた
「ごめんね」と抱いてくれた 胸が温かった

また会える時まで この温もり覚えておこう
遠くにいてもいつも 君のことを思っているよ
ずっと 君と幸せを作っていけるように
ずっとずっと 君のこと愛していけるように

曲のご使用はご自由にどうぞ。クレジット(えび)表記していただけると嬉しいです。
アレンジ大歓迎です。ただし歌詞改変、特に替え歌は事前にご相談下さい。

インスト(カラオケ音源)については、すべて視聴用に単独でマスタリングエフェクトをかけてますので、ご注意下さい。
未マスタリング音源が欲しい方はご連絡下さいませ。

こんにちはorはじめまして。
しょっぽいながら作詞作曲をしております。
これまたしょっぽいですがギターなど弾いております。
拙い曲ばかりですが、お聴きいただければ幸いです♪

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP