他愛もない謳歌 歌詞

投稿日:2015/11/29 21:20:17 | 文字数:285文字 | 閲覧数:1,024 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

他愛もない謳歌


駅前の焙煎屋で
モラトリアムと睨めっこ
夕暮れの眠気覚まし
一口目で火傷した

錆びれていくサイクルの
踵鳴らして坂を下る
物憂月が光る前
特別な握手を横切る

高架下の声
白い肺気ガス
コンクリート吐瀉物
意味を成さない信号
歩道の花束
はずれのアイス棒
後ろめたさと秋が
影を伸ばしていく

僕ら
愛を謳え 愛を謳え
街と
逢の宴 逢の宴
鳥も
閑乱古乱 閑乱古乱
籠の中で叫ぶ 探しているように

愛を歌え 愛を歌え
街と
逢の宴 逢の宴
鳥も
閑乱古乱 閑乱古乱
籠の中で叫ぶ 悟っているように

不埒な君と
憂がった僕の
素敵な夜を過ごして

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP