40.物や思ふと

投稿日:2021/07/01 20:40:45 | 文字数:393文字 | 閲覧数:9 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

しのぶれど色に出でにけりわが恋は物や思ふと人のとふまで(平兼盛)

※「ノベルアップ+」及び個人サイト「篝火」でも公開中。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

あなたが僕をどれだけ知っているだろうと考えたとき
言葉を交わせるだけで十分幸せだって思った

閉じ込めていたつもりで すまし顔でいたつもりで
気づけば物わかりよくいられないぐらい育ってたの

もう忍ばせておけないよ もう隠しておけないよ
あふれる想いは 物や思ふと人の問ふまで
同じことならいっそ 叫びたいよ大声で
好きです あなたが好きです

もっと多くを望みたい ほのかなままでは終わらせず


あなたに僕がどうして並び立てるだろうと考えたとき
憧れより先を夢見ることなんてできなかった

この笑顔は誰のせい? この吐息は誰のせい?
いつの間にか身の程も忘れるぐらい育ってたの

もう忍ばせておけないよ もう包んでおけないよ
色に出でた恋は 物や思ふと人の問ふまで
本当は伝えたいんだ 本当は叶えたいんだ
好きです あなたが好きです

もっと近くへ行きたいよ 儚いままでは終わらせず

「ノベルアップ+」及び個人サイト「篝火」でも作品を公開中。

この作品URLを含むツイート1

▲TOP