砂の塔

投稿日:2021/02/11 14:54:46 | 文字数:659文字 | 閲覧数:14 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

https://piapro.jp/t/ggGq
こちらの応募用歌詞です!

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「1番A」
何時しか 時計の針が止まって
明日の風

「1番B」
言わなくてもいいよ 「ありがとう」なんて
きっと曲がり角まで

「サビ」
固めて作った砂の塔 居ても立っても居られない不安症
土崩瓦解 向かう場所はここじゃない
何もしないまま 運ばれ
僕じゃない 誰かに持った憧れ
アトランテスまで あとどれくらいで

傷にはそれなりの意味があって
治ってばかりの傷を抱えてた僕

「サビ」
開けなかった鉄の口 追い込まれた軽侮の淵
優しい人になりたかった 花瓶に刺した花
「人畜には無害」になるはずが
「人畜無害」になってしまった
僕がいなくなったら 晴れになった

-歌詞平仮名-------------------------------------------------------

いつしか とけいの はりがとまって
あしたのかぜ
ゆわなくてもいーよ ありがとー なんて
きっと まがりかどまで

かためてつくった すなのとー いてもたってもいられないふあんしょー
どほーがかい むかうばしょはここじゃない
なにもしないまま はこばれ
ぼくじゃない だれかにもった あこがれ
あとらんてす まで あとどれくらいで

きずには それなりの いみがあって
なおってばかりの きずを かかえてた ぼく

ひらけなかった てつのくち おいこまれた けいげのふち
やさしいひとになりたかった かびんにさしたはな
じんちくにはむがい になるはずが
じんちくむがい になってしまった
ぼくがいなくなったら はれになった

Messenger(メッセンジャー:伝令人)と申します!

普段はメビウスリング掲示板や群青堂で活動しております!

よろしくお願いします!

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    素敵な歌詞を書いていただきありがとうございます!
    叙情的で儚いフレーズが曲の雰囲気に合いそうで素晴らしいなと思います!

    ただせっかく書いていただいて大変申し訳ないのですが、自分で書いている歌詞が完成間近でして
    今回はそちらを使いたいと考えています...。
    (自分で歌詞を書き始めた時点で歌詞募集のタグは外すべきでした。申し訳ございません。)

    しかしながら私の頭では思いもつかないような言葉選びを自分の曲にしていただいたのは初めてですごく感動しています!
    良い意味で人によって曲の解釈の仕方、捉え方が違うんだなぁと勉強になりました!

    Messenger様のお手間を取らせてしまったことは申し訳ありませんが、
    私にとってはとても参考になる教材を提供していただいて感謝の気持ちでいっぱいです...!
    この度は本当にありがとうございました!

    2021/02/11 16:19:31 From  いずも

▲TOP