青い水面の上 静かな世界を滑っていく
未練は一つだけ だからここまで来たの
お気に入りの小説はつまんなくて
そんな違いも愛おしい あなたが浮かんだ
何度生まれ直しても償えないんだろうね

救えなくてごめんね
見捨ててごめんね
薄れゆく感覚で寂しさを味あわせちゃったよね
ああ、積み重ねた命ごっこの最後だけは
あなたのために使おうと決めてたの、良いでしょう?
傷ついたその顔にとびきりのエンゼルケアを
崩れていく前にそっとハグを

青い水面の上 静かな世界を滑っていく
黒くない花は町に残ってなかったよ
お気に入りの音楽も動物も合うわけじゃなかった
でもその分心の奥があなたで満ちていた

きっと全部これまでのことは悪い夢で
空の上じゃないところに救いがあって

話せなくてごめんね
隠れてごめんね
いつまでも臆病で想うだけしかできなかったんだ
ああ、罪重ねた命ごっこの最後だけは
あなたのために使おうと決めてたの、良いでしょう?
傷ついた思い出にとびきりのエンゼルケアを
崩れていく前にそっとキスを 代わりに

ごめんね
救えなくてごめんね
見捨ててごめんね
灰になるその瞬間 最期まで一緒にいるからね
ああ、世界が壊れていくよ
だいすきだったよ

花に色がついた
あなたを迎えに来た人が私でごめんね
長かった旅は終わった

ライセンス

  • 非営利目的に限ります
  • この作品を改変しないで下さい
  • 作者の氏名を表示して下さい

エンゼルケア 歌詞

1st Album 「ねむるピンクノイズ」
収録曲・エンゼルケアの歌詞です。

閲覧数:42,519

投稿日:2020/05/08 16:47:33

文字数:561文字

カテゴリ:歌詞

ブクマつながり

もっと見る

クリップボードにコピーしました