空の色と夢の先に 歌詞

投稿日:2014/10/15 01:41:51 | 文字数:620文字 | 閲覧数:386 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

「空の色と夢の先に」歌詞です。
http://piapro.jp/t/EWWv

和風にチックなイメージです。
着物とかいいですねぇ…

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

空の色と夢の先に



詞曲 ラスぽん


広がる 天景に
仰向け 笑う 口笛
上手に並べた その隣で ひらりと
流れ行く その色に
言の葉一つ 巡らせ
想いは 珠となり
舞い上がって消えた

風景 見る影も無く 止まぬ雨 燦々
雨雲覆い 色褪せる緑草
彩花の光 萎れて
重なり突き付ける
幾度と綴った 暖めた言葉
幾重に紡いだ 彷徨う旋律
音も無く 音を立て 落ちて行く

探した手も 差し伸べてるのに
心の弱さ故の
臆病で 進めない
誰の言葉でも
けれど
何処を見 何を目指せば良いの?
分からない
それすら見えず 探す
今でも

無音の静寂に
ぽつりと音 生み出して
約束交わした日も
嘯き 欺く
そんな 自己欺瞞さえ
儚く崩れ 消え果て
細れた 夏草を
踏み躙って 泣いた

淡く 強く まだ苛み続ける 焦燥
今 一つ 一つ 集め 照らす
また希望を探して
死んでく感情 今更残った
奇跡 掻き集め
振り返る
今でも 光る何か

ひらひら 舞う 虹色空
消えた 泡沫よりも
鮮やかに 煌めいて
揺れる 美しく
過去も 未来さえも
全て抱いて 堕ちるから
傍ら 傅いて 微笑んでいて 欲しい

次に 訪れた時 華やかに色咲いて
冬が来れば 枯れ葉舞い 散ってしまうけど
次の瞬間までは…
そっと 包む この手で
二人ならば きっと…笑いながら

四季を飾る 天追いの風
最期は笑って
「それでも、幸せでした。」
きっと 言える様 想う

まったり作曲してます。
 
社会人+ゲームがとにかく大好きなので進行はやや遅めです。
初音ミク Project DIVAとかも好きです。

久しぶりに新曲投稿しました。
これからももりもり頑張ってきます。

普段はよくツイッターに居ますのでフォローはお気軽に~。

 
 
 
イラストと動画については常に助けを求めている状態です。誰か助けてー!!
 
 
 
 
 
 
 
アイコンはmilktea101さん(https://piapro.jp/milktea101)に作って頂きました。

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

  • 【鏡音リン】空の色と夢の先に【オリジナル】

    by ラスぽんさん

もっと見る

▲TOP