玩具屋カイくんの販売日誌(155) レイムさんの推理

投稿日:2012/05/27 11:52:30 | 文字数:727文字 | 閲覧数:62 | カテゴリ:小説

ライセンス:

いつだっかか「不思議、大好き」というCMがありましたが、さりげない不思議はいろいろありますね!

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「ワタシ、ちょっと“オカルト”っぽいことが好きで、いろいろ想像しちゃうんだけど」

レイムさんは、作っていた粘土の小物を置いて、言った。

「この部屋で、デフォ子さんが“爆発”事故を起こしたときに、不思議な作用が起きたのかもしれない」

「不思議な?」
マコさんが聞いた。
「どんな、不思議なことです?」

聞いていたぱみゅちゃんは、首をかしげながらも、ちょっと可笑しくなった。

「不思議っていえば、デフォ子さんの存在自体、ちょいと不思議だけどネ」


●はっちゅーねの感想が聞きたいなあ

レイムさんは、続ける。

「デフォ子さんの“はっちゅーね”は、このニコビレのこの作業室で生まれたんですよね」
「うん」
「だから、ここが、はっちゅーねの“ホーム”といえます」

「うん、そうだね」
聞いている2人はうなずく。

「はっちゅーねを作っているときに、彼女が、たくさんの人に好かれる人形になって欲しいと思っていたとします」
レイムさんは、目の前にある粘土のアクセサリーを、手でもてあそびながら言った。
「で、いろんな意見が聞きたいな、と思っているでしょ」

「うん」
「そのとき、作業のミスで爆発が起きて…」


●はっちゅーねは、モバイル?

「それで、はっちゅーねに命が吹き込まれた、ちゅうこと?」
マコさんは、ほおづえをつきながら聞いた。

「ううん、すぐそうなったワケではなくて」
レイムさんは、部屋の壁の穴の方を見つめながら言った。

「はっちゅーね人形と、そのホームであるここ、ニコビレの間に、“道”ができたんじゃないかしら」

「道…」
ぱみゅちゃんが、つぶやいた。

「パソコン本体と、モバイルみたいなものかなぁ?」(・_・o)ン?

雑貨の仕事をしてます。
キャラクター雑貨がらみで、キャラクターも好きです。

音楽も好きですが、好きな曲の初音ミクバージョンを聴いて感心!
ボーカロイドを聴くようになりました。

機会があれば、いろいろ投稿したいと思ってます。
宜しくお願いします。

twitter http://twitter.com/tamaonion

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/30

もっと見る

▲TOP