ありふれたものの中の曖昧な何か

投稿日:2016/10/14 23:13:37 | 文字数:659文字 | 閲覧数:46 | カテゴリ:歌詞 | 全3バージョン

ライセンス:

yoshinaさん:作曲
夜月:作詞
この作品は許可なく使用しないでください。。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

A)夕焼(ゆうや)けの空(そら) ふざけて帰(かえ)った道(みち)
ぽつりとつぶやくような言葉(ことば)
「わたしも翔(と)べる」

S)追(お)いかけつづけたもの
大人(おとな)に叶(かな)わなくたって
心(こころ)に隠(かく)している夢(ゆめ)とあいまいなもの
手(て)をふる友達(ともだち)の影(かげ)
明日(あす)への「またね」と 響(ひび)く
家路(いえじ)せかす鐘(かね)の音(ね)
遠(とお)く 遠(とお)く


B)慣(な)れきったこと とっくに知(し)っている
「いつもどおりじゃつまらない」なんて
口(くち)にできない

S2)こんなにどうしようもないもの
抱(かか)えてたって ちっとも進(すす)んでけない
昨日(きのう)のわたしのまま
上手(じょうず)にごまかすことと
理由(りゆう)を求(もと)めることは
覚(おぼ)えなくていいこと
そうだ 前(まえ)へと

C)今日(きょう)も沈(しず)む夕焼(ゆうや)けの影(かげ)を踏(ふ)む
一人(ひとり)だって孤独(こどく)になった
でも世界(せかい)は… Uh(うー)

「きれいな色(いろ)だ」 微笑(ほほえ)んだ

S3)追(お)いかけつづけたもの
これからも ずっと
心(こころ)に隠(かく)している夢(ゆめ)とあいまいなもの
手(て)をふる友達(ともだち)の影(かげ)
明日(あす)への「またね」と 響(ひび)く
家路(いえじ)せかす鐘(かね)の音(ね)
遠(とお)く 遠(とお)く 風(かぜ)に翔(と)べ

「約束(やくそく)しよう」

作詞・作曲に興味があります♪
楽しみながら精一杯頑張ります^^!

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP