願ったのは

投稿日:2017/06/29 08:06:08 | 文字数:553文字 | 閲覧数:415 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

A
そうじゃない そうじゃないんだ
くそったれな世の中だって
理不尽で残酷なだけの結末を
僕は救おうともしなかった
B
もうやめろと心が叫ぶ
しわ寄せはいつも後だ
泣きたいほどの温もりも知らないで
それでも信じていたいだなんて
狡くて 狡くて
なんて 愛しい
S
小さな夢から見つめた先は
きっと宇宙よりも大きくて
走れば走るだけ近づけたのに
どこまでだって会いにいけたのに
そうしなかったのは僕だ

恐れたのは 僕だ

A
そうじゃない そうじゃないんだ
理由のない言い訳をして
横暴で退屈なだけの毎日を
僕は変えようともしなかった
B
受け入れろと痛みが走る
幸せはいつも跡だ
切ないほどの憎しみを持て余し
それでも笑っていたいだなんて
つらくて つらくて
なんて 虚しい
S
小さな夢から見つめた先は
きっと宇宙よりも美しく
想いはこの胸に閉じ込めたのに
もう一度なんて許されないのに
終われなかったのはなぜだ

繋げたのは なぜだ

A
そうじゃない そうじゃないんだ
くそったれな人生だって
理不尽で残酷なだけの現実を
君が 君だけが

S
小さな夢から見つめた先は
きっと宇宙よりも眩しくて
何も見えないまま見ていたんだよ
ひとりぼっちで泣いている君を
僕を呼んでくれる君を

願ったのは 僕だ

エブリスタ 小説「愛をうたにして」
https://estar.jp/users/105143114/novels
歌詞をまとめてます。

趣味で作詞をやらせていただいております。ナツキと申します。
曲募集は一応しておりますが、どちらかと言うとこちらが詞を提供する、使っていただく、という形になるかと思います。こちらから作曲について何かを指定することはいたしませんが、質問や歌詞の改変などは随時受けつけております。もし使いたいという方がいらっしゃれば、お気軽にお声掛けください。
※「曲募集中」のタグがついている作品に限ります。
※歌詞の提供は無償です。
※作曲希望の方にメッセージをいただいた時点で募集を締め切らせていただいておりますので、できるだけ事前にご連絡くださると嬉しいです。この際、途中で取りやめていただいても大丈夫です。

それでは、よろしくお願いいたします。


2012年3月作詞活動開始
2016年3月ピアプロ登録

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP