そして僕は【曲つきました!】

投稿日:2013/04/18 18:54:36 | 文字数:429文字 | 閲覧数:555 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

一人、つっ立っていたんだ。

タイトルは無限。
いつまでも、どこまでも。
ずっとその場所に立っているってつらいですよね。そんな歌です。
解釈は、
広い青空の下の草原で一人立ち尽くしている自分がいた。ここには誰もいなかった。
この状況から逃げるために、自分は時間で解決させようとした。
きっと、誰かが助けてくれると信じたかった。そう思える余裕はたくさんあった。
でも、ここには誰もいなかった。助けてくれるような人は、いなかった。
何故だか知らないけど怖くなって、思わず自分は走り出した。
そんなくらい弱虫で泣き虫な自分は、何の力もない人でもよかった。誰かを探した。自分の盾になってくれる人を探した。
弱すぎて味方にも敵にもなれない自分は、一人でいることも、誰かと二人いることも出来なかった。
どうすることも出来なくて、青空を見上げた。狭い空洞と化した心は埋まりそうにない。
自分のことなど放って進む時間を信じる余裕はまだたくさんあるけれど、何故だか、不気味でしょうがないくらい胸は高鳴り、それに耐えきれず自分はまた走り出した。
寒がりな人のように震える怖がりな自分は、いつまで待っても変わらない景色が恐ろしかった。
そんな景色で震えているのに正義にも悪にもなれるはずがない。
だけど、今まで通り曖昧に進むことは嫌だ、だから、今までの自分を無視しても、どちらかになって進みたかった。
卑怯者で意気地無しな自分は、自分のためになるような力ではないものを探していた。気づかなかったのだ。
誰でもよかった。自分を守ってくれる人を、自分のために戦ってくれる人が欲しかった。
自分は、それだけわがままだった。
気がつけば、自分は一人、泣いていた。自分は、置いていかれたのだ。わがままだから。そんなんじゃこの世界では生きていけないと、言われたのだ。
自分が立ち尽くしていたところは、何もいない草原ではなく、誰も助けてくれない社会の中にある、交差点だった。

どうでしょうか。解釈に感想いただければ嬉しいです。

これは、どんな色にも染まれない少年少女の話。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

『そして僕は』

A)一人つっ立って いたんだ誰もいない

広い青空の 下の草原に

B)無責任な 「今」を信じる
余裕は たくさんあったのに
何故だか 知らない 見えない恐怖に
背中を 押されて 走り出した

sabi)弱虫な泣き虫なこの僕は
何もない誰かを探してた
味方にも敵にもなれない僕は
一人にも二人にもなれなかったんだ

A)一人つっ立って 見上げた何もいない

狭い空洞は 埋まりそうにない

B)無関心な 「今」を信じる
余裕は たくさんあるけれど
何故だか 不気味で しょうがないくらい
胸は嗚呼 高鳴り 逃げ出してた

sabi)寒がりで怖がりなこの僕は
変わらない景色が恐ろしくて
正義にも悪にもなれない僕は
真ん中を無視しても進みたかった

sabi)卑怯者意気地無しその僕は
何もない力を探してた
味方でも敵でも構わずに
剣(けん)が欲しい盾が欲しいわがままだった

A)一人つっ立って 泣いてた不思議だね

広い青空の 下の交差点

詠乃うた(前・ゆい)です。
現在このアカウントを使っておりますが、春から別アカウントに切り替える予定です。このアカウントで投稿された作品の使用報告および申請は切り替え以降新アカウントにて行う予定です。
浮上率は低いですがよろしくお願いします。
お気軽にフォローしてもらえれば嬉しいです。
また、歌詞への批評、アドバイスは絶賛受付中です。


*相原ふう様にアイコンを描いていただきました。ありがとうございます!

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    使わせてもらいました

    毎度。くろちょびです。ニコ動とYouTubeにUPしました。
    また、よろしくお願いします。

    2013/04/12 21:06:40 From  くろちょび

もっと見る

▲TOP