十二月と花

投稿日:2020/01/26 03:36:32 | 文字数:279文字 | 閲覧数:14 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

十二月と花

信じすぎると裏切られる
そんな当たり前がわからなかったよ
賢く生きるやり方を教えてよ
胃が痛いよ

ぱっと咲いた期待の花は
知らないどこかで踏まれた
ふわっと散った花びらさえ
僕の足元をくぐる
綺麗だ

1人になったっていいよ
忘れてしまったっていいよ
最後の別れの時交わした言葉も
偽物だったってのはわかってたんだ
そうだ 冷たい風に揺られる夜行バス

この唄はどこへ行く
「頑張らなくていい。」そう言って笑う君
あの日のこと昇華したら
毎日に溶ける緩い空気にもなれるか
日常になれるか 生活になれるか
思い出になれるか 生きる意味になれるか

Rayと申します。
臨機応変、ケースバイケースという言葉が苦手です。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 十二月と花

    by Rayさん

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP