毎週可燃ゴミが月曜か火曜かわからなくなる話

投稿日:2018/02/13 20:23:59 | 文字数:294文字 | 閲覧数:18 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

生きる事がこんなにも苦しい

聞かせてください
あなたが抱えた声
震えた瞳に映った過去のこと

どこかに置き忘れた過ちの岐路を
一人で拾いに行くのはやめて

閉ざされた心の中に触れてみたいな
許されない境界線を踏み荒らしたい

言えないほんとを
胸の奥に落として
錆びついた鍵で無理やり隠した

どこにも行き場のない答えを
揺らいでも泡のように消えない嘘
教えてどれだけの寂しさを
抱えて浮かべば許されるのか

届かない、どれだけ言葉を尽くしても
背徳に酔いしれた悲しい日々にさよなら
何もかも受けとめてくれるあなたを見つけ
何一つ叫べない世界から消えてく

生きた日々がこんなにも寂しい

まったりと歌詞、テキストを投稿してます。
何かあればお気軽にお声かけを。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP