アンティーク

投稿日:2021/03/26 19:16:32 | 文字数:417文字 | 閲覧数:316 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

日時計の針 真円の月
確たるものさえ ファンタズマゴリーなのか
アルバムの写真 昨日の日記
両親を名乗る 見たことの無い二人

かつて いたという私
かつて いなかったという証

冷めないまま 夢は現実になってゆく
何かが違うまま 違わなくなってゆく
箱の猫も 白い鴉もいないのなら
私が違うのかな
辺獄の地へ堕ちてゆく
堕ちてゆく

業病の折 酸欠の街
昔の話は小説のように消ゆ
積み上げたものを崩されたような
悲しみすら無く 肉体を拒んでいる

夕刻 帰路のレンガ道
ひとつ 確かに輪郭を見た

あなたがいた
透明に色が咲いてゆく
燃え盛る教会のステンドグラスのように
私にただ一つ信仰があるのなら
神様の奇蹟じゃない
「あなたの事を愛してる」

初雪の日 青い夜空
街灯り あなたの手の温度
コーヒーの匂い
大切な思い出たち

幸せのみちゆきに光あれ
まだ届かない星空の向こう
愛という未知のセオリー

眠る私の中に答えはあった

wotaku名義で音楽や動画を制作しています。
音楽制作ユニットJimmy'z名義でも活動中。

【マイリスト】
http://www.nicovideo.jp/my/mylist/#/62138358

【連絡先】
メール wotakuwotaku@gmail.com
ツイッター @wotaku_aaa

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

もっと見る

▲TOP