山ほととぎす

投稿日:2016/06/23 18:56:29 | 文字数:246文字 | 閲覧数:19 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

http://sp.nicovideo.jp/watch/nm23254646?cp_in=wt_srch

紅いあぜ道に背を向ける
あなたが戻る日は来ない

恋人や主人を戦場に送り、一縷の望みをかけて帰りを待つ女性たちはどういう想いだったのでしょうか。

朔夜=新月の夜
狐花=彼岸花
凍蝶=春から生き延び冬に飛ぶ蝶
まほろば=素晴らしい場所
六つの花=雪
山ほととぎす=昔を思い出させると言われていた鳥

イントロサビから夏、秋、冬、春、夏と季語を使いながら表しています。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

S
雪降る夏の夜に
螢は光を帯びて
風吹く草木に
露は消えもせで

A1
朔夜の星は
ほおずきのように揺らめく
狐花の咲うあぜに
あなたは背中を向ける

S1
凍蝶肩止まり
囲炉裏にまほろば見つけて
恋文仕立てて
六つの花 溶けた

A2
帰らない声
忘れかけた幼い日は
枝垂れた桜に舞った
鶯の羽と共に

S2
小さく愛らし
花橘は真白く
待ち焦がれた空
冬の時雨のよう

雪降る夏の夜に
螢よ光は消えて
頬は乾けども
露は消えもせで

ツイッター始めました@ramillllin

【曲募集】の歌詞、よければ拾ってやってください。※作曲前に必ずメッセお願いします。

お手伝いさせて頂いた曲↓
http://www.nicovideo.jp/mylist/43562888

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP