カゲロウプロジェクト 04話【自己解釈】

投稿日:2012/05/13 16:32:05 | 文字数:1,719文字 | 閲覧数:1,072 | カテゴリ:小説

ライセンス:

「目を合わせる話」後編。次は「目を隠す話」のところに入ると思います。おそらく。

―この小説について―

この小説は以下の曲を原作としています。


カゲロウプロジェクト……http://www.nicovideo.jp/mylist/30497131

原作:じん(自然の敵P)様

『人造エネミー』:http://www.nicovideo.jp/watch/sm13628080 
『メカクシコード』:http://www.nicovideo.jp/watch/sm14595248
『カゲロウデイズ』:http://www.nicovideo.jp/watch/sm15751190
『ヘッドフォンアクター』:http://www.nicovideo.jp/watch/sm16429826
『想像フォレスト』:http://www.nicovideo.jp/watch/sm16846374
『コノハの世界事情』:http://www.nicovideo.jp/watch/sm17397763 
『エネの電脳紀行』
『透明アンサー』
ほか

――

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 


「ほんとにこんな山奥にいるのか? キド」
『そんなめんどくさいことでいちいち通信するな。“ヤツラ”にバレてしまうだろう』
「そんなこと言っても、バレないさ。きっと、ところで本当にこんな山奥に家なんてあるんだろうな?」
『なかったときは私が責任をとろう』
「……体で?」
『〇すぞてめえ』
「すいません許してくださいリーダー」
『最初からそう言ってればよかったんだ。んで、家は見つかったか?』
「……ああ、あれか」

 少年は立ち止まった。
 そして、そこにあったのは――
 マリーの住む家だった。

「ここか……」

 少年の呟きを聞き取ったマリーは、

「!!」

 驚いて飲みかけのハーブティーを机中に撒き散らした。もし、鳥がいたら驚いて逃げてマリーがここにいるのがわかってしまったのかもしれない。だが、疑問点が浮かぶ。なぜ少年(マリーにはどんな存在かはわかっていない)がここに来ているのか、マリーには不思議でならなかった。

「どうしよう……」

 とりあえずマリーは下に降りて、ドアの向こう――きっと、その声の元がいる――を見つめた。対策なんて、考える暇すらない。

「目を合わせると、石になってしまう」

 ふと、マリーは母親から聞いたことを思い出す。

「私たちの目は成長すると赤くなる。
 その赤は見るものを凍りつかせて、石にさせてしまうの」

 マリーの目もそうなっているらしく、時折鏡を見つめていると、写っているのは、赤い目。普通の人間とは違う、真紅の目。
 だから物語の中じゃマリーのような存在は、怖がられる役ばかり、「仲良くしてくれるなんてないんだ」ってことはマリー自身理解していて、それで怖がっていたのかもしれない。
 トントン、とノックがドアのむこうから響いた。そんなのは初めてで、緊張なんてもんじゃ足りないくらいだった。なんだろう、マリーの目には『恐怖』すら浮かんでいたのかもしれない。
 想像していた突飛な世界はマリーが思ったよりも、実に、実に簡単にドアを開けてしまうものだった。



 人間が嫌いだった。
 母親が、死んだ訳を私は目の前で見たから。
 私が数年前、人間に虐げられた。恐らく……珍しい存在と思われたから。
 そしてそれに気づいた母親が私を守ろうと“力”を使って――死んでしまった。
 だから、私はずっと一人。ずっと、ひとり。



 扉は唐突に開かれて、誰かが入ってきた。マリーはただ、目を塞ぎ蹲っていた。
 その人は驚いていた。だから、マリーは言った。

「目を見ると、石になってしまうんだ」って。

 その人が、微笑んだのを、覚えている。

「僕だってさ、石になってしまう、と怯えて暮らしてたんだ。
 だけどさ、世界は案外怯えなくていいんだよ?」

 その人はそう言ってマリーに服を着せた。なんだろう、この服は? とマリーがつぶやこうとして。

「これはパーカーっていうんだ。
 君も、メカクシするんだろう?
 これはそういう人にいい服だよ」
「……ありがとう」
「うん。お礼はいらないよ。
 そうだ。君って世界がわからないんでしょう?
 教えてあげるよ。うーんと、ちょっと待ってね」

 そう言ってその人は薄い栞に近い何かを取り出した。

「これは、iPodだね。
 いろんなことがわかるんだ……。
 ほら、これを耳に当てて……」

 その人は、紐みたいなものをマリーに差し出す。彼女は言われるがままにつける。
 そして。耳に音が響いた。
 世界は、やっぱり想像よりも素晴らしかった。
 心の奥に溢れていた想像は、世界に少し鳴り出していた。
 突飛な未来を教えてくれたあなたが、もしまた迷ったときは、私がここで待っているからね?

 彼女はそんなことを思うのだった。




 外を出て、少年。

「ああ。キド。確かにメデューサはいたな」
『だろう? 私の調査通りってわけだ』
「キド。それじゃこれでいよいよ……」
『ああ』

 キドと言われた少女はうっすらと笑みを浮かべて。

『――救いに行くぞ。“彼”をな』


はじめまして。小説を書いている者です。


「ぱんなぎ」名義でオリジナル曲を制作しています。詳しくはこちら→http://www.nicovideo.jp/mylist/33072476

近況:歌詞を全部消しました。

現在、『QUEST V』というファンタジー小説を書いています。ぜひご覧ください。

相方さんとリレー小説『僕と彼女の不思議な日常』書いてました。タグ検索には『【リレー】僕と彼女の不思議な日常』を入力してみてください。

僕と彼女の不思議な日常は漫画化しています。pixivにてご覧ください。(投稿時に宣伝イラストを投稿します。)

そして、今は『僕と彼女の不思議な夏休み』を書いています。タグ検索には『【リレー】僕と彼女の不思議な夏休み』を入力してみてください。

今書いているもの→http://piapro.jp/t/nYtT

なにかありましたら、メッセージで。

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP