イルミネート・フィッシュ

投稿日:2011/02/15 22:32:03 | 文字数:528文字 | 閲覧数:338 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

「スノウ・レクイエム」に続きコラボすることになった、ねこしえーたーさんの楽曲に贈った歌詞でございます。
KAITO兄さんがまさかのリア充エンドです。

完成版うpされました。歌詞ちょっぴり追加。

前バージョンでアコギバージョンの歌詞。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

夕暮れ街角 きらりきらり 輝き生まれ
薄闇の中に 浮かびあがる 光の海を

きっとみんな 泳いでくんだね 木々の作り出す 金色のサンゴの
落とす明かり 拾ってくからね 微笑さえも 光に変えられる

ネオンの波 雪の泡が ふわりと 舞い降りて消えてく
僕はそっと 隣の手を 探し当てて 握りしめてく


いつもの通りに くるりくるり 時計は回る
なじみの公園 そこはまるで 異世界のようで

いっそここで 時間が止まれば この光る海に 漂っていられる
そんなことを 思ってみるほど  潮が満ちるように  夜も満たされてく 

冬がめぐるたび 握る手のひらの ぬくもり 近づいていくから
光る海でまた 肩を寄せあって ネオンの 鮮やかさに流される


雪が夢と共に 降りてきたあの日 出会い知って
それはそっと心に住む 願い想う日々と 小さな幸福感


君と始まった 季節が来たんだ 光の 眩しくて優しい
海を泳いでく 魚になりたい つがいで いられたならと囁く

握る左手に 光を贈るよ いつかの 夢にみた願いを
僕の右手には 君の左手を 迎える さあ、どこへと泳いでこう?


光る海の夢みるイルミネートフィッシュ

僕らの心に住むイルミネートフィッシュ 

或瀬沙和(あるせ・さわ)、もしくはさわのじと名乗っています。属性:物書き。

作風は鬱屈としているもの、青臭いのも多め。たまにハッピーの作詞屋。たまに印刷物作成のDTP屋。素材画像もごく稀に上がるかもしれない。
KAITO所持してます。今のところあまり出番がないよ!

定期的に歌詞作品は一部削除してます。万が一削除済みの作品について何かあれば個人宛にメッセージをくださいませ。

基本的に歌詞応募はしません。ご依頼があればご相談ください。
歌詞は曲募集タグをつけているものに関しては利用してくださって構いませんが、できるだけ改変は私自身の手でしたいので、歌詞の加筆修正等が必要な場合は必ずご連絡ください。
また、当方の歌詞を使用報告した作品(楽曲・動画)の製作を中止する際は、一言ご報告ください。別に中止するなとも申しませんので、他人の作品を使う上でのマナーとして使用を中止する場合もちゃんと報告をお願いいたします。いつの間にか放置とか勘弁するのです。


クリプトンボカロがご贔屓です。KAITO兄さん最愛。でも最近双子が熱い。いろは姐さんの美声に惚れた。がくぽさんマジ殿様。兄さんは年下組にもみくちゃにされればいいと思う。哀愁に定評のあるKAITOタグが私のジャスティス。

↓ボカロ小説とか、所属コラボサークルの宣伝とかはこちら。

【ブログ】http://sawanoji.seesaa.net/

メアド:aruse_sawanoji@hotmail.co.jp

※過去にピアプロでUPした小説などは、ブログに保管しております。

もっと見る
  • KAITO★イルミネート・フィッシュ

    by ねこしえーたーさん

  • KAITO☆イルミネート・フィッシュ(with A.Guitar)

    by ねこしえーたーさん

もっと見る

▲TOP