レグルス歌詞

投稿日:2017/08/20 02:32:26 | 文字数:456文字 | 閲覧数:5,602 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

衛星の電話は 繋がらないまま
大切に銀河の 鉄道の切符もってる

明日の朝には あなたはいないけど
大切なことは 言えないまま そのまま

さよなら 僕はあなたに恋したこと
ずっと忘れないだろう
ほんとは いかないでほしいよ
ベルが鳴ったら きっともう逢えない

星はかわらず周る 僕を置いて
叶うことのない約束を

銀製のカップに 星をそそいで
零れた分だけ 空は黒く染まった

目深にかぶった あなたの帽子が
風にさらわれて 掴めないまま そのまま

好きなことは輝いていた
いつかそれも劣等と知った
それでも僕が光る理由は
ただ、あなたがいたから

いつかは僕もあなたと違う
世界で生きていけるかな
ハローグッバイ上手く言えないな
次が最後の列車だ

さよなら 僕はあなたに恋したこと
ずっと忘れないだろう
ほんとは いかないでほしいよ
ベルが鳴ったら きっともう逢えない

さよなら 僕はあなたの面影を
ずっと探しているんだな
言えずに 募らせた想いさえ
どうしてなんだろう
ひどく、今も光って見えるのさ

もっと見る

▲TOP