投稿日:2009/07/18 00:56:08 | 文字数:1,040文字 | 閲覧数:39 | カテゴリ:その他

ライセンス:

目が覚めましたww

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

実はお前には双子の妹がいたんだよ。

目の前の老人がそういった。

あぁ、そうだこの人は僕のお爺さんだ。

白いひげを蓄えた品のいい優しそうなお爺さんだ。

お爺さんは言った。

「今から逢いに行こう。」


扉を開けたら薄暗い場所に出た。

そこは工場だったのか

それとも昔何かの研究施設だったのか

ボロボロの廃墟となった建物がそこにはあった。


「ここはどこ?妹はどこにいるの?」

僕は聞いた。

お爺さんは悲しそうな目をしていった。

「そこに眠っているよ。」


指をさした方向を見ると一輪の白い花が咲いていた。

後ろの廃墟とは対照的で、とてもきれいだった。


その花を見て僕は思う。

「ああ、妹はもういないんだ。」

でも、どうして?どうしてこうなったの?

お爺さんのほうを振り向く。

「お前の妹はとても賢い子だった」

お爺さんは話し始める。

「お前の両親たちは病気がちなお前を私に預け、妹のほうを連れていった。

妹は自分の興味のもつものを勉強することになった。

妹のしていた勉強は、国の偉い人たちの目にとまった。」


ソレガハジマリダッタ


お爺さんは話を続けた。

僕の妹はその時幼くて、自分のしている研究が楽しくて楽しくてしょうがなかった。それに、周りの大人たちも優しいし、必要なものも何でもそろえてくれた。


デモアルヒキヅイタンダ


自分が今まで勉強してきたことが、「せんそう」に使われていたこと。

自分のしてきたことが「ひとをころす」ために使われていたこと。


そして妹は自分から眠りについた。

この工場は妹が眠りについてから使われなくなった。



そうだ、僕は忘れていた。小さいころ僕にはとても仲のいい妹がいたことを。

いつも一緒にいた妹。

どうして忘れていたんだろう。


僕は妹にもう会えないみたいだ。

妹がつらい時、僕は何もしてあげることができなかったんだ。

双子なのに…一緒にいてあげられなかった。

僕は泣いた、一輪の白い花の前で泣いた。

「ごめんね」


「泣かないで」
声が聞こえた。顔をあげるとそこに白い光に包まれて妹がたっていた。

「思いだしてくれてありがとう、一緒にいたかったと思ってくれてありがとう」

妹が膝で立つ僕を抱きしめてくれた。僕は泣き続ける。

そんな僕に彼女は優しく頭をなでてくれる。

暖かい…とても心地いいな・・・・

そうして・・・・・











以前から何か音楽を作りたいという思いはあったのですが

作曲することができず・・・orz

でも、詩を歌にのせたいという想いは強いです!ww

作詞でコラボさせていただくような機会があれば

ぜひよろしくお願いします!

初心者ですので

どなたでも気軽にお声をかけてください!


何故だか今では歌ってみたをしていますww
http://com.nicovideo.jp/community/co143719



もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP