テタテット 歌詞

投稿日:2019/06/02 20:24:16 | 文字数:508文字 | 閲覧数:3,730 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

テタテットの歌詞

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

テタテット

僕を最低だって言って 嗤って 泣いて 霞んでゆけ
絡まって叫んだんだ
酸いも苦も君ももう一杯って
君と相対なら終わりもなくなって 紛う夜暮
莫迦だって囁いて
いつの日も誤魔化しごと零してみせた

疾病 縋って
然も更けるような甘いカフネ
知って 喰らって
どうしたいもこうしたいも何も解らないな
朽ちる間に潸々と
自己を、全て気付けない私を

欠けた両の目の縁で躓いて 褪めた

雨の中
橙の湿ったステップと秒針が止まった
あやふやなまま染み付いてしまうよ
訥々と

最低だって言って笑っていないで
明かしてみて、ねえ
ただ待っていたって偽善だ
酸いも苦も君ともう一杯って
君と相対なら終わりもなくなって 惑う日暮
莫迦だって囁いて
今日の日も誤魔化しごと零してみえた

雨の中
橙の湿ったステップと秒針が止まった
あやふやなまま染み付いてしまうよ
訥々と

僕を最低だって言って 嗤って 泣いて 霞んでゆけ
絡まって叫んだんだ
酸いも苦も君ももう一杯って
君と相対なら終わりもなくなって 紛う夜暮
莫迦だって囁いて
いつの日も誤魔化しごと零してみせた
足取りも歪んでしまうからさ
この心を噤んでみせて

instや歌詞をあげていきます。
HPのGUIDELINEをご一読ください。
https://tamon0718.wixsite.com/officialwebsite

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

もっと見る

▲TOP