せいかんにっき

投稿日:2021/09/13 00:57:21 | 文字数:383文字 | 閲覧数:45 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

とある麻痺状態の患者の生還日記
彼の記憶、記録を残す

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

暗い 暗い 闇の中
いいや闇だと感じる中

身体を起こすことも出来ない
まるでひどく濁った水の中にいるような

次第に声を上げる事もなく
次第に記憶も混濁していき
次第に、何も感じなくなってしまう

無音 無音 音もない
いいや音すら鈍くなる

目は動くが体は動かず
上しか見れないからとてもとても退屈だ

次第に人もまばらに1人きり
次第に過去も思い出せなくなり
次第に、全てどうでもよくなってしまう

ずんと詰まっているようで聞こえない耳
開けているようで開かない口はまるで人形だ

怖い 怖い けれど
涙を流せているかはわからない
動かせているかもわからない

次第に、すべてがどうでもよくなってしまう
次第に、大切な人を思い出せなくなってしまう
次第に、虚無から逃れるために死を望んでしまう

手を繋ぐ事すらできない
声を出す事すらできない
それでも生きたい

お疲れ中。

作詞、動画、絵、utau入力、キャラ、脚本、小説やっております。
湯島結代(ゆしま ゆしろ)です。

よしなに。

現在持病の悪化により創作スピード落ちてます。

オールジャンル書いてますが一応病み歌詞多めなので苦手な方はご注意を。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP