見上げれば滄溟

投稿日:2021/10/23 20:17:49 | 文字数:257文字 | 閲覧数:32 | カテゴリ:歌詞

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

オリジナル曲の歌詞です

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

遠く聞こえている
小鳥の鳴き声も
そよ風に揺れて
夢の中

ひだまりが誘う幻想の世界
目元がかすれ、朧げな今から
もう少しこのままで
遠く聞こえている
小鳥の鳴き声も
そよ風に揺れて
夢の中

見上げれば滄溟
嘘のような
流れた雲が
時を刻んでいる
ゆっくりと落ちてく
淡いオレンジ色
いつもの夕焼けが
いつもより早く訪れた

夢見心地な世界に
あと少しだけでいい
私を残してと願う
遠く聞こえている
小鳥の鳴き声も
そよ風に揺れて
そこに

いつか
この狭い世界のどこかには
自分の居場所ができますように
ah〜

初音ミクで作曲はじめました
一緒に音楽活動しませんか
歌い手さん、絵師さん興味があったら
教えてください
よろしくお願いします

アイコン:うどん5様(https://piapro.jp/udonfive

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 見上げれば滄溟

    by マユ太さん

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP