SABBATH

投稿日:2018/10/14 12:19:44 | 文字数:454文字 | 閲覧数:42 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

闇夜の彼方から
獣は遠吼えて 
幕開くサバト 

束ねた長い髪
妖しく振りほどき 
影に溶け込んで 

木々さえも眠らせる森の奥 
響く嗤い声 

静かに囁いた
背徳の賛美歌 
低く地を這えば 

魔法の媚薬に 
吐息を吹きかけて 
誰を操るの 

鮮やかに色づいた唇は 
甘い毒の蜜 

紅い月夜に集え サバトの夜に 
黒いドレスを脱いで 素肌をさらせ 
燃える炎と踊れ 灰と散るまで 
千の呪文をかけて サバトの夜に 


異端の刻印を 
白い胸 焼き付け 
神に背くとき 

ルビーの瞳は 
妖しく輝いて 
誰に恋狂う 

陶酔と倒錯に抱かれて 
叫ぶエクスタシー 

紅い月夜に集え 自由な夜に 
錆びた仮面を剥いで 素顔をさらせ 
燃える刹那に踊れ 陽が昇るまで 
闇に翼をひろげ 自由な夜に 


紅い月夜に集え サバトの夜に 
黒いドレスを脱いで サバトの夜に 
燃える炎と踊れ サバトの夜に 
千の呪文をかけて サバトの夜に 


闇夜ノ彼方カラ  
獣ハ遠吼エテ 
幕開ク Sabbath…

もともとは作詞のみしていましたが、独学(というより、見様見真似なので詳しい知識はゼロ)でDTMでの作曲→ボカロへと。

ブログ「日日の幻燈」
http://blog.goo.ne.jp/kyrie999

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【MEIKO】SABBATH【オリジナル】

    by Risunyaさん

オススメ作品10/18

もっと見る

▲TOP