heat haze

投稿日:2015/07/03 01:27:10 | 文字数:248文字 | 閲覧数:51 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

海底から見上げた空
沫の煌めきが眩しくて
伸ばした腕掴んでくれた
あの温もりは忘れないよ


いつか夢に見た懐かしい景色
今なら戻れる気がするから
さあ光る海原へ舵を取れ


見上げた先に揺らめく陽炎
迷いを断ち斬り未来を掴むため
蒼穹の天津風を身に纏い
今はただ恐れを知らずに進め



たとえ刀折れ矢尽きようと
今この時を語り継ぐため
願いを込めた心を胸に
今はただこの荒波へ



穏やかな磯風を抱く為に
振り返ることなくただ前を見据えて
吹き荒ぶ野分のように苛烈に
立ちはだかる全てを払え

音楽を作ったり、手芸をするのが好きな生物。ギター大好き。

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【初音ミク】 heat haze 【オリジナル曲】

    by 昼行燈さん

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP