流砂に憂鬱と

投稿日:2017/05/05 23:09:01 | 文字数:421文字 | 閲覧数:58 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

歌詞です、かーし。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

揺れる窓をなぞる空を眺めながら
ありもしない虚無に想いを馳せた

流れる水はとまることなく
進む時は僕を置いて行く

流動は燃え尽きて灰になることを知る
誘惑の死神は僕に時を告ぐ
何時になっても帰ることなく
手紙だけが残されて

空は遠く夢は爆ぜて
これが現実と憂鬱は囁いたんだ
目をこすっても変わらずに
指を指す 君と手を繋ぎ
誰も知らない絶望の中へ


濡れた羽を見透かすように
現 きみは遠ざけられてる

衝動は死に過ぎて幻を映し出す
球根に咲く花は僕を狂わせ
いつになっても変わることなく
海豚だけが気がかりで

夢だって 現だって 信じない
何処に居る 此処は何処
唇を噛み締め

遠く揺れた景色消えて
艶に惹かれゆく憂鬱は身を委ねろと
芽が開いても変わらずに
君と声 いくら絡めても
陽炎は遠く過ぎ去り

赤く燃える花が咲いて
これは残酷と憂鬱は微笑みかけた
眼に流しても変わらずに
砂の指 君と手を繋ぎ
誰も知らない絶望の淵へ

Noah(のあ)と申します。
"小鳥遊 のあ"という名前でも活動しております。
多分大学生です。
納豆と生姜が大好きなんです。

モンスターエナジーを燃料としてます。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【初音ミク】流砂に憂鬱と【オリジナル】

    by kyomさん

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP