月の誘い

投稿日:2014/03/27 11:02:05 | 文字数:476文字 | 閲覧数:22 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

月の誘い

  
 消えかけた明かりの下 寄り添って彷徨う
 拾い上げた夢の欠片  傷とともにまたひとつ
 
 帰ろう 暖かい暗闇へ 
その胸の 孤独と 優しさつれて
 帰ろう 二度とない時をつれて 
伏せている瞳の 涙とともに


 壊れそうな体抱きしめて 傷ついた心を寄せ合って
 溶け合って落ちてゆく  すべて忘れて

 細く冷たい指に包まれて 白く舞う吐息に包まれて
 崩れ行くその心 せめて今だけ
 あずけて


 奪い合った 夢の欠片 手に入れて儚く

 帰ろう 暖かい暗闇へ
 置き去りの 記憶が 道を照らす
 帰ろう 何もかも脱ぎ捨てて
 枯れ果てた涙と 君とともに
 
 偽りは浅く彩られ   闇に沈み消えた真実を
 抱きしめて傷ついて  一人彷徨う

 喧騒の波に流されて  抱く願いはどこへ行く
 偽りの温もりを    共に抱きしめ
 
 誰も消えない闇を携えて めぐる心はどこへ行く
 果てしない道のりを   一人彷徨う
 
 細く冷たい指に包まれて 白く舞う吐息に包まれて
 崩れ行くその心 せめて今だけ
 おやすみ

(プロフィールはありません)

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/25

もっと見る

▲TOP