【初音ミク】ポテトサラダと宇宙【オリジナル】_歌詞

投稿日:2016/07/29 22:18:55 | 文字数:685文字 | 閲覧数:154 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

​ぽてとさらだがすきなきみがすきだった。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

​君とコーンフレークを味わう時間が生きる意味として
ねぇ溜め息こぼしたりして 地球最後の日になっても
きっとずっとその安らかなる食卓を汚す事はしないだろう

破裂しそうな寂しさ 真空パックしていたら
高嶺のパンケーキを腐らせて眺めていた檻ん中の僕、
いつになく笑い飛ばしてくれないだろうか

「何か物足りないから」とサラダ担当の君。
ただ愛しい記憶で咲くレゾンデートル

擦れ違いだらけの宇宙で君の頬を照らす
Potato Saladのような存在でいたい
って言えば大袈裟だけど
今 おんなじテーブルで笑いあえたなら
どんなにか素敵だろうな

茹でたジャガイモの皮を剥いてマッシュしたら
薄切りタマネギと銀杏切りの人参をレンジで2分ほど加熱
胡瓜や生ハムはお好みでいいから
ジャガイモが冷めたらマヨネーズ加え
全体をよく和えて塩胡椒で味整えて完成!

ダイニングの氷河に太陽と緑をもたらしてよ
焼き付いて離れないんだ、盛り付けるモーション⁉︎

誰もいない伽藍堂のBreakfastは味気無いんでスルー
Potato Saladのような惣菜がいない
メイド イン サラダ姫の!
「今 歌声が君にもし届いたなら」
後悔してるっていう春の歌


君のいない光射す方へまた僕は歩き出す
唯一それが僕の存在証明、追憶のメリーゴーランド
華の雨がやがて降り 明日もし晴れたなら...
君の穏やかな春を願う

擦れ違いだらけの宇宙で君の頬を照らす
Potato Saladのような存在でいたい
って言えば大袈裟だけど
また おんなじこの空の下で逢えたなら
どんなにかもう素敵だろうな

初音ミク・GUMIを使用した楽曲制作をしています。

□Mylist →http://www.nicovideo.jp/mylist/34178051
□Twitter→http://bit.ly/KxP1p8

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 【初音ミク】ポテトサラダと宇宙【オリジナル】

    by たけまるさん

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP