アポカリプス(応募中)

投稿日:2020/02/19 22:09:54 | 文字数:1,274文字 | 閲覧数:118 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

閲覧ありがとうございます。
茶屋町舞鴨様の楽曲への歌詞応募投稿です。
楽曲URLはこちら→
https://piapro.jp/t/9pwP


意味が収束していくように作詞したつもりです。
悲し気でもかっこよくどこか暖かい楽曲に、合った歌詞になったのではないでしょうか。

気に入って頂けたら幸いです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

『アポカリプス』

【1】
ゴミくずの中を
カラスが歌う
メトロノームに支配された
ぶら下げた1000円のイヤフォン

東京の人は
人ではないが
見た目以上に美しい
きっとそうしたくてまだ生きてるんだろう

欠けたスパンコールを
飾り続ける
ストリートチルドレンだって
音楽くらい愛してた
今日も明かりの下

アコースティックギターを抱え十字架を切れば
嗚呼
浄化するギルティ
音色はメロウになって
私の心臓を抉っていくんだ


【2】
厭世の歌は
カタストロフィ
忘れていく執着の中で
膨らませた10円のガム

下町を歩く
一人で歩く
メトロノームは鳴りやまない
きっとそういうふうに生まれたんだろう

鼻にペトリコールが
充満してる
クリスマスチルドレンだって
神様からは愛された
今日も明かりの下

アコースティックギターを抱え十字架を切れば
嗚呼
浄化するギルティ
それでも止まない悲劇に
私の指は憑りつかれた魂


【3】
どこか照れ臭かった
ウェザーチェックを
受け入れぬカタルシスだって
本当ならば清らかで
今日も明かりの下

愛想つかされてなお抱きしめたエンジェル
舞い
散った羽ギルティ
それでもなお抱きしめる
私の心臓を抉るまで

アコースティックギターを抱え十字架を切れば
嗚呼
浄化するギルティ
それでも止まない悲劇に
私の指は憑りつかれた魂




◆読み◆
『あぽかりぷす』

【1】
ごみくずのなかお
からすがうたう
めとろのおむにしはいされた
ぶらさげたせんえんのいやふぉん

とおきょうのひとは
ひとではないが
みためいじょおにうつくしい
きいとそおしたくてまだいきてるんだろお

かけたすぱんこおるお
かざりつづける
すとりいとちるどれんだあて
おんがくくらいあいしてた
きょおもあかりのした

あこおすてぃいくぎたあをかかえじゅうじかおきれば
ああ
じょおかするぎるてぃ
ねいろはめろおになあて
わたしのしんぞおおえぐうていくんだ


【2】
えんせいのうたわ
かたすとろふぃ
わすれていくしゅうちゃくのなかで
ふくらませたじゅうえんのがむ

したまちおあるく
ひとりであるく
めとろのおむはなりやまない
きいとそおいうふうにうまれたんだろう

はなにぺとりこおるが
じゅうまんしてる
くりすますちるどれんだあて
かみさまからわあいされた
きょおもあかりのした

あこおすてぃいくぎたあをかかえじゅうじかおきれば
ああ
じょおかするぎるてぃ
それでもやまないひげきに
わたしのゆびわとりつかれたたましい


【3】
どこかてれくさかあた
うぇざあちぇえくお
うけいれぬかたるしすだあて
ほんとおならばきよらかで
きょおもあかりのした

あいそつかれさてなおだきしめたえんじぇる
まい
ちいたはねぎるてぃ
それでもなおだきしめる
わたしのしんぞおをえぐるまで

あこおすてぃいくぎたあをかかえじゅうじかおきれば
ああ
じょおかするぎるてぃ
それでもやまないひげきに
わたしのゆびわとりつかれたたましい



以上

【ニコ動マイリス】
http://nico.ms/mylist/65442177
【未動画】
ねおっち様「夢見る乙女の夜」
https://piapro.jp/t/zB84
am i 様「愛たわわだ」
https://piapro.jp/t/CgmT
冷やっこ様「笑顔のパズル」
https://piapro.jp/t/VHiC
わかな様「真っ白いホタル」
https://piapro.jp/t/uVNW

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP