【所Pさん】星空の恋【応募作品】

投稿日:2010/10/31 19:20:00 | 文字数:478文字 | 閲覧数:209 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

どうも、最近寒さがとても厳しくて震えるACTです。
この度は所Pさんの新曲の歌詞応募に参加することにしました!
聴いて書こうと思うまでの時間…僅か2秒!←実際は解りませんがw笑
取り敢えず良曲である、ということを伝えたかったACTです。

あ、http://piapro.jp/content/x7w84nbxvs12a80v 聴いて頂ければ解ります。

えー曲紹介の方に移ります…。
タイトルをつけるならば「冬の恋」とまぁどこにでも有りそうなね!

順を追って解説しましょうか。

Aメロ~寒い季節は夜空が綺麗ですからね。ロマンチック…じゃない?←
Bメロ~輝く恋。を星にかけてみたのですが…今改めて見ると伝わらないΣ
サビ~燃える様な恋。これは大方伝わるでしょう。
Aメロ②~雪は掴めません←
Bメロ②~消えたってのは雪とそのこの歌詞でいう「キミ」にあたる人の事です。
サビ②~冬の冷たさ+「キミ」の温もりも無くし凍えきってしまう。
Bメロ③~(゜Д゜)なんで居んねん!
サビ~燃える様な恋verⅡ

と、まぁこんなイメージで書いた訳なんですが…
うんちょっとよく解らないかな(←自分で言ったら駄目\^o^/

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

【Aメロ】

 悴む手と手 重ねあわせて
 寒さを凌ぎ

 二人は肩を 並べあわせて
 夜空を見上げた

【Bメロ】

 見ていた先の夜空は 星が輝いていて
 明るく 僕らの立つ場所を
 照らし 光の色に染める

【サビ】

 眩しいほど 強く光ってる
 キミと 二人この場所
 寒さなんて 感じなくなるほどに
 キミのことが大好きなの
 
【Aメロ②】

 降りしきる雪 地面に触れて
 儚く消えた

 手を伸ばしたら 掴めるのかな
 手のひら 伸ばした
 
【Bメロ②】

 手のひらの上の雪は その姿も見せないまま
 静かに 少しの音も無く
 誰にも気づかれずに消えた
 
【サビ②】

 悲しいほど 儚い粉雪
 僕は 孤独(ひとり)この場所
 寒さが酷く ココロ凍えさせ
 キミに逢いたくなったよ
 
【Bメロ③】

 ため息ついて見上げた そこにはキミが立っていて
 明るい笑顔で僕のコト
 見ていたよ 僕はキミのもの

【サビ】

 眩しいほど 強く光ってる
 キミと 二人この場所
 寒さなんて 感じなくなるほどに
 キミのことが大好きなの

さて…活動再開するか。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP