光まで

投稿日:2021/11/30 00:37:28 | 文字数:410文字 | 閲覧数:10 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

メインストリートを 離れてから
僕は何度も 心を折ってきた
そんな状況を 憂いて泣いてても
休みのない日々が 途切れる訳ないし

利口な駄犬にはなりたくないと何度も
思ってきたけど 此処で野垂れ死ぬ白鳥は
どこを探しても 見つからないだろう

夜が明ける頃 静かに終わる命が
明日という 皮肉の嵐の中 燃えているから
夜が明ける頃 静かに終わる命が
大好きなあの人の 微笑みを描いている 
永遠に 永遠に 

それでもそれでもまだみたい まだ生きたい
あなたのあなたの体温が欲しい
それでもそれでもまだみたい 
あなたのあなたの言葉が欲しい

夜が明ける頃 静かに変わる命が
明日という 皮肉の嵐の中 燃えているから
夜が明ける頃 静かに変わる命が
美しく大胆に燃えている 胸の奥で
きっと 綺麗なままではない
きっと 綺麗な今じゃない
でもね 明日を見つめてたい
きっと 美しい僕がいる 永遠に 永遠に 永遠に 永遠に

作詞をしてます 人生の一部でもあります

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/24

もっと見る

▲TOP