線香花火

投稿日:2018/06/19 00:30:49 | 文字数:473文字 | 閲覧数:111 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

作詞をしたのは久しぶりでした!

曲も一緒に投稿したので、良ければ聴いて見て下さい!

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

A
街灯が導いたのは 明日なんかじゃなくて
轟くのは風の鳴き声と 陽気なあなたの声
星空に浮かべたのは 希望なんかじゃなくて
輝くのは人の作りだした 電子と爆発だ
B
数行で想いを届けられるのならば
声は枯れることは無いのにと
うろたえた孤独を分け合えることばかり
どこか他人事のように思っていた
C
願いなんていらないから
叶える勇気も 歩む未来も 見えないから
後悔していた 言葉なんていらないから
涙が弾けて 溶け落ちた 閃光のように
A
いつまでも続いてくのは 轍なんかじゃなくて
躓いては足を進めてく もつれた行進だ
B
数秒であなたを 忘れられるのならば
脳は混乱せずに いられるのにと
混濁し酩酊している心だけ
誰か他人事のように握り潰して
C
奪うなんて思わないから
痺れる言葉も 欠けた月夜も 乗り越えたい
信じ続けていた 調べなんて鳴らないから
涙が弾けて 溶け落ちた 閃光のように
C
願いなんていらないから
叶える勇気も 歩む未来も 見えないから
後悔していた 言葉なんていらないから
涙が弾けて 溶け落ちた 閃光のように

初めまして。芦屋陽太と言います。

ギター、ピアノでの作曲編曲をしています。

よろしくお願いします!

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 線香花火

    by 芦屋陽太さん

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP