花降らし 歌詞

投稿日:2016/05/07 19:19:32 | 文字数:609文字 | 閲覧数:10,009 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

歌詞です

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

花びらが宙に浮いた
舞った一足のサンダル

身体ごと宙に浮いて
飛んでしまえたら私は

はらはらはら
一人で踊ってるだけ

ただそれだけだ

春先の空気が澄んでいたから、赤いサンダルを履いて
出かけた先のあの並木のことはあなたから聞いていた
桜が並ぶらしい

顔を伏せるように歩く人が多いから嫌になって

そしたら飛んでいた桜が切に愉快に見えたから
この道で踊ってやろうと思った

タッタラタ、ラッタッタ
足を運ぶ
タッタラタ、ラッタッタ
音を鳴らす
タッタラタ、ラッタッタ
春を踊るのさ、桜の下で


花びらが宙に浮いた
舞った一足のサンダル

身体ごと宙に浮いて
飛んでしまえたら私は

はらはらはら
一人で踊ってるだけ

ただそれだけだ


並木を抜けるほど歩く人の
冷めた視線も気にならなくなる

足がもつれても、髪が解けても何か楽しかった
背を曲げて生きてる私じゃないみたいだ


花びらの落ち方にだって
あなたとの思い出が溢れる

うるさいくらいに私を覆うそれを、
あなたに教えないと



あなたの葬式を見た
なんてことのないアイロニー

形だけ何か述べて通り過ぎ行く
あぁ、私は

はらはらはら
一人俯いてるだけ、ただそれだけだ


花びらが宙に浮いた
舞った一足のサンダル

貴方ごと宙に消えて
行ってしまえたら私は

はらはらはら
一人で踊ってるだけ
式日を背に

一人俯いてるだけ
ただそれだけだ

ナブナです。曲作ってます。ニコニコ動画に投稿した分はこちらです→http://www.nicovideo.jp/mylist/30722660

 twitter→@nabuna2 

もっと見る

もっと見る

▲TOP