イト

投稿日:2010/05/02 18:35:16 | 文字数:282文字 | 閲覧数:75 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

私と云う気狂いの僕は
黒いイトがゆっくりと降り積もるのを
息を潜めて見ています。

こうしているあいだにも、
そうです、どんどん。


ソレが折り重なる意識よりももっと現実に
しっかりと引き留めておかなくてはいけないときと、
放っていかなければならないときがあって。

僕は、そうです、
いつだって後者

喋り続けなければならない。
後頭部の隅に積もるソレを忘れるまで。

どんなに世界が遠くなっていっても



私と云う気狂いの僕は、
頭蓋のすべてが痺れてしまうまで
ひとりでだって喋ります。

叫びます、自問自答、
そうです、どんどん。

忘れたいのです、私を

なにかありましたらお気軽にごれんらくくださいませ。
ご使用報告うれしいです、どうも。
お返事が遅れたり、すごく速かったりするかもしれませんが。
ご忠告も嬉sh・・助かります。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP