悪食娘コンチータ3

投稿日:2009/04/06 15:10:36 | 文字数:269文字 | 閲覧数:2,814 | カテゴリ:小説

ライセンス:

今回は前回と打って変わってありえない位短いです。
さ、次はリン視点くるぞ!

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「料理するのは良いわ。お腹空いているから、早く食べたいの」

コンチータはニコリと笑った。

「かしこまりました。それでは、ワインを取って参ります」

メイドは床に倒れている召使には見向きもせずに、食堂から出て行った。
コンチータは倒れている召使をそっと抱き上げて、

「この子はきっと柔らかくて、味にクセも無くて、とっても美味でしょうね」





        (大人の都合により掲載出来ません)





パタパタと走る音と、少女の泣き声が廊下から聞こえたが、目の前にとてもとても美味な食べ物があるコンチータの耳には届きはしない。

こんにちは。
夕月と言う者です。基本、馬鹿です。
ピッチピチの13歳。
中二病発症者。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/24

もっと見る

▲TOP