Apple Alice ...1

投稿日:2011/03/19 16:44:59 | 文字数:740文字 | 閲覧数:62 | カテゴリ:小説

ライセンス:

え-初めてのテキストがこんなので良いのk(ry
でもこういうの好きだっ
小説は簡単に書けたけど
打つの大変だった(^ω^)

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 




[ Apple Alice ]

彼女の持っている真っ赤な林檎を食べれば
どんな願いも叶う。

そんなの,1部にしか過ぎないのに
どこかで放送されるドラマの様に皆やって来る。

『私の,餌食に___』

ふと木の下を見れば兎がこちらを向いていた。
彼(だが彼女だかは分からないが)にご褒美として木の実を投げ捨ててあげた。

しゅた,と軽い音をたてて木から飛び降りる。
音の聞こえる方へ耳をすまし1点に聴覚を集中させて。

その矛先へ,ナイフを投げ付けた。
「ぐはぁ」何て間抜けな声が静かな森に響く。
此処に来た奴らはどいつも呆気無い死に方ばかり。
…それは自分の所為でもあるけれど。

[ Apple Alice ]

彼女の持っている真っ赤な林檎を食べれば
どんな願いも叶う。
けれど。
その林檎を受け取るためには。

『彼女を殺害して,林檎を奪わなければ生きて帰って来れない_______』

*

元々は,私の祖母の幼少時代。
林檎を食べながら未来予測をしていた。
それがどう言う訳か,今の言い伝えに繋がった。

幼き私は,いきなりこんな森の中に連れて来た母に
ひどく反発していた。
外に出たかった。
深く暗い森何て嫌で。
毎日の様に遊びに行っていた。

*

あの時は目の前に起こっている出来事を
信じたく無かった。
母の腹部に広がる赤い血液。
青白く変色した母の身体。
足元に転がるナイフ。
その隣にいた,初対面の青年。

「林檎よこさね-からよ,この婆。」

あれが初めて罪を犯した瞬間とも言えよう。
そのナイフを手に取り,青年のハートの部分目掛けて突き刺した。

「…!………手先だったのかよ…」

その日から,私は1歩も外の世界には出なくなったのだ。



妄想鯖缶野郎のルームへようこそ(^ω^)ついに夢のニコ動デビューでうほうほhttp://www.nicovideo.jp/watch/sm14193769 
まだまだ未熟,不完全な点ありますが,立派な(?)歌い手目指し頑張って行きますのでよろしくお願いいたします(`・∀・´)

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP