さいしょへ 歌詞

投稿日:2016/02/17 20:20:42 | 文字数:356文字 | 閲覧数:1,123 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

http://www.nicovideo.jp/watch/sm28216771 こちらの曲の歌詞です

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

遠ざかった声に咲いた 有象無象 どれもが嘘 昨日が誰かをすり潰した
濁りきった言葉たちが 僕らと殺しあった 呼吸も一つで踏み潰した
待ち侘びてた 群衆に群れた 遠ざかっていった さよなら

あやふやなここまでを抜けて 零れそうな水槽に飛び込んだ
喚き捨てた道の途中では 僕らを壊さないで

水平線、向こう側に 見えないわだかまりが 溢れて浸水したみたいに
人違いを呪っていた 心は穴だらけだ 誰より容易く蹴り飛ばした
声を投げた 街角に溶けた 僕は半分だ、どうして?

靴底に張り付いた夢を 誰に擦り付ければいいんだ 
笑えないな、許される前に僕らを叱ってくれよ

さよならを紡いで 追い抜かせないように速く

間違いを千切って飲み込んだ 眠るように泣きついた僕は
誰の事を呼べばいいんだろう それでも許さないで

音源の二次配布・転載は禁止します。

音源を使用した二次創作物の投稿に付きまして、営利目的でない限り全てご使用いただいても問題ございません。
こちら投稿される際のご報告は不要です。くれぐれも節度を持ってご利用いただけますようお願いいたします。

ニコニコ動画に投稿される際は必ずコンテンツツリーの登録をお願いします。

ライブやCD収録・ネット配信での販売など金銭が発生する場合の音源の無断利用はお控え下さい。

ご利用をご希望の方は必ず事前にメールにてご連絡下さい。

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP