七夕 (Tanabata)

投稿日:2017/06/18 17:13:28 | 文字数:414文字 | 閲覧数:57 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

七夕 


作詞 花澤真

あなたに届くように書いた短冊

今年も願いを込めてる

夜空にヒラヒラ揺れる度 想いは

溢れる 胸を抑えてる

恥ずかしそうに アナタが俯き

私の手を牽いて歩く

人混み避けて静かな場所まで

アナタに歩幅合わせた 


あれから・・・3年の月日が流れて

お互い 離れて暮らした

私は仙台で暮らして アナタは

名古屋で暮らしているけど

アナタが街を離れていく時

僕の事を忘れて欲しいんだ

君にはもっといい人が

幸せにしてくれると・・・

それでも私 アナタじゃなきゃダメ

アナタと一緒に生きて行くの

いつも願いを短冊に込めて

アナタと結ばれたいの

この浴衣の袖が濡れてるの

アナタが掴んでた袖が

今年も祈るアナタに会いたい・・

変わらないで居て欲しい


ふたりで書いた短冊の願い

飾る事が出来ずに居た

今年の夏に ふたりが逢う時まで・・・

この想いを 潜めてる

未熟なボカロ調教師をしています(まこP)と言います。
曲に飾るイラストや動画を希望しています。
よろしくお願いします。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • pale light

    by 星茨まとさん

オススメ作品10/29

もっと見る

▲TOP