Lab*

投稿日:2010/04/04 21:31:36 | 文字数:400文字 | 閲覧数:1,773 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

歌詞解釈です 前バージョンで歌詞解釈説明。見たい方だけどうぞ。

追記:歌詞の「すてて すてられぼくらは わすれわすれた日常」をkusamaruさんの「おはよう。」歌詞から引用、
   擬音・擬態語のパートも「おはよう。」を参考にしております。

「おはよう。」歌詞  http://piapro.jp/content/ej1i57eoz4oq8zfc

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

いつか、いつかのぼくらは移ろう時に拒まれ
ぼくの、ぼくらの言葉はひらりひらりと伝われ。

君が忘れたむかしの しろいひかりを描いて
ゆれてつたわる水面のいろを思い出すために
ふわり、浮かんだ涙の行先もまだ知らずに
捨てて捨てられ、ぼくらは忘れ、忘れた日常

消えたひかりのその下で君はうずくまって笑う
吐き出した言葉浮かべて、はらりはらり夢を紡ぐ
歩き疲れたきみの背を僕は荒れた手で叩いた
「あぁ、もうやめろ。もうやめてよ。」
そろそろ君もつかれたろう?

ぱらり ぱらり パズルのように、ぽたり ぽたり ばらばらになる
ぴかり ぴかり「眩しすぎるよ」
さらり さらり 影が拡がる

もういいかい?僕は訪ねる
もういいよ。君は答える
もういいかい?もういいよ。
繰り返す度きみの声は遠くなってく

いつかの、いつかのぼくらの、きみが忘れてるむかしの
歩き続けるきみの声、どうか、どうか、きみに繋がれ。

twitter→http://twitter.com/siinamota
mail→siinamota@gingaweb.net
web→http://www.siinamota.com/

作業環境

作曲 Logic9 pro
モニター KRK VXT4/KRK KNS-8400/AKG K701
マイク  RODE NT1-A / SM58

electronica / ambient / electro / techno pop
GINGA exclusive crew http://gingaweb.net/

もっと見る
  • Lab*

    by 椎名もたさん

もっと見る

▲TOP