おやすみディセンバー / 音街ウナ [オリジナル]

投稿日:2017/12/31 22:12:46 | 文字数:255文字 | 閲覧数:122 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

歌詞です!

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

雪が積もるこの街の
並木道を歩く、ぼくらは二人で
冬空の下、温かい
君と手を繋いでる

長い髪をマフラーみたいに
君の肩に乗せて
僕は隣で笑うよ

ねえ、聞いてよ
「こうしてずっと居られたなら」
さよならディセンバー
いつまでも手を離さないで

夜が深くなっていく
君と毛布にくるまって笑い合う
いつまでもこの幸せが
続いたらいいのに な

「春夏秋冬
君と一緒に過ごせたら」なんて
いつも僕は思ってるんだ

ねえ聞いてよ
君のことが大好きなんだ
ありがとうディセンバー
いつまでも僕のそばにいて

また、明日

おくのと申します。
僕は友達がいない よろしくお願いします。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • おやすみディセンバー / 音街ウナ [オリジナル]

    by おくのほそみちさん

オススメ作品10/17

もっと見る

▲TOP