ルカ、キスしたことある?

投稿日:2011/07/17 02:21:35 | 文字数:5,594文字 | 閲覧数:1,589 | カテゴリ:小説 | 全2バージョン

ライセンス:

初めまして、ピーナッツと申します。
初投稿です。よろしくお願いいたします。

初投稿でいきなりな内容ですが、
こりゃまずいよーって場合は身を清めて出直してまいりますので、
ご指導よろしくお願いいたします。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

昼下がりのリビング。けだるい時間が流れている。

リンとレンは新曲のレコーディングに行っていて、ミクとルカが家に残っていた。
二人は長いソファの左右に座って、ルカはファッション雑誌を、ミクはテレビを見ている。
ミクが全然テレビに集中していないことに、ルカは気付いていた。
視線がときおり自分に向けられるのだ。
ルカは雑誌を読みつつ、しばらくは気付かない振りをしていた。

何か話でもあるの?そう聞こうとしたらミクがテレビを消した。

「…ねえ、ルカ」

やっぱり。

「何?」

ルカは雑誌から目を離さず、紅茶のカップに口をつける。

「…キスしたことある?」

ケホッ、とルカが軽く咳き込む。

「こぼしそうになったじゃない。昼間っから唐突ね」

「教えてよ。あるの?」

ミクは真面目な顔をしている。

「あるわよ」

「誰と?」

「誰とって、生まれてからはないけど、わたしはそういう仕様になってるから、あらかじめメモリーに入ってるの」

ふーん、とミク。

「どうしたの?好きな人でもできた?」

そういうんじゃなくって、といいながらクッションを抱く。

「ほら、キスが出てくる歌って多いじゃない。あたし、したことないから、気持ちが入らないの。シーケンス通り歌ってるだけで…」

なんだ、歌のことか。
天然だけど歌うことに関してはすごく真摯なのよね、この子。

「それは仕方ないんじゃない?シンガーソングライターじゃないんだから、経験したことだけ歌うわけにはいかないでしょ」

ソファの肘掛にあずけていた身体を起こし、ミクを諭す。

「それにあなた、卑猥な歌詞もいっぱい歌ってるでしょ。そういうのはいいの?」

「そんなのは論外だけど、キスくらいは知ってた方がいいのかなって」

生真面目ね、とルカはいった。
中世の画家で『天使は見たことがないから描かない』と宣言したのは、クールベだったっけ?

「キスしてみたいっていったって、相手が要るでしょ」

「そこをルカに相談しようと思って」

「あ、レンにキスしちゃダメよ!」

「あたしショタじゃないし、そんな悪戯みたいなことしません」

青少年保護の観点から慌てて注意したルカに、ミクはさらっと答えた。

「じゃあカイト?」

「生々しいでしょ、勘弁して」

「じゃあ誰がいいの?まさかクリプトン以外?あ、Pさんとか?」

そう言ってミクに向き直ったルカは初めて、彼女が思いつめたように見つめているのに気付いた。

「…なによ?そんな眼で見て…。え?ええ!?わ、わたしなの!?」

激しく動揺するルカ。

「お願い、歌のためと思って協力して」

ミクが手を合わせて拝む。

「どういう思考回路でそんな結論になるの!?あなたのファーストキスでしょ!」

「女同士だし、ノーカウントってことで」

「女同士だからまずいんでしょ!あなたレズっ気あったの!?」

「ないわよ。キスはしたいけど、男はちょっとこわいの…」

ルカが溜息をつく。

「向上心は立派だけどね、ミクは平気なの?わたしで」

「ルカなら全然オッケーだよ。…ルカは、嫌?あたしとキスするの…」

ミクが潤んだ瞳で見つめる。
もう…そんなチワワみたいな眼で見つめないでよね。

「…嫌かっていわれると、別にぜんぜん嫌なことないのよね…。もう、こんなこといっちゃうと断る理由なくなっちゃう」

あきらめ顔のルカ。逆にミクの顔が輝く。

「じゃ、いいよね!ありがと!ルカ、大好き!」

早速とばかりに、ミクが顔をちょっと上向き加減にして目を閉じる。
ルカはくすりと笑い、人差し指でミクのおでこをつついた。
一応緊張して身構えていたミクが、きょとんとした顔で目を開く。

「焦んないで。こういうのって、ムードがあるでしょ」

ルカはミクの両肩に手を置いた。

「…どうする?抱き合ってみようか?恋人同士みたいに…」

肩に置いた手をするりとミクの背に回し、そっと抱き寄せる。
身体が密着すると、ルカは少し力を込めて、ミクをギュッと抱いた。

(…へえ、この子痩せすぎだと思ってたけど、意外に柔らかくて抱き心地いいのね)

余裕でそんな感想をいだいていたルカに対し、突然抱きしめられたミクはびっくりして戸惑っていた。

「…ミク、肩の力、抜いて。深呼吸してごらん」

ミクはゆっくりと深呼吸した。喧嘩してる猫みたいに上がっていた肩が、静かに元の高さに落ち着いていく。
リラックスすると、ルカの女らしい魅惑的な身体を感じる余裕がでてきた。
どうしていいか分からず宙を泳いでいた腕を、おずおずとルカの背に回す。

ミクの身体から緊張が解けてくるのを感じると、ルカは顔を寄せて頬を合わせた。
仔犬がじゃれ合うように頬を擦り合わせながら、耳元でささやく。

「…ミクのほっぺ、すべすべで気持ちいい…ねえ、ミクは、どう?」

「…気持ちいい…抱き合うのって、こんなに気持ちいいんだね…」

ルカの背に回された腕に、ギュッと力がこもる。

(だいぶ気持ちができてきたみたい…そろそろいいかな?)

ルカは身体を覆い被せるようにして、ミクをソファに押し倒した。
今にも唇が触れ合いそうな距離で見つめあう。
眼がとろんとして、普段見たことのない表情のミクは、ルカがドキッとするほど可愛かった。

「…ミク、可愛い…天使っていわれてるだけあるわね。わたし、本気でキスしたくなってきちゃった」

恥かしさでミクの頬が赤く染まる。

「…ルカも、きれい。あたし、ずっと前から、ルカのこときれいだなって思ってたよ…」

「ふふ、ありがと…」

ルカがミクの唇を人差し指でなぞる。

「ぷるぷるね…虜にされそう…」

ルカはそっと唇を重ねた。
初めてのキス。柔らかな感触にミクは陶然となった。
唇から快感が流れ込んでくるようだ。

(可愛い…)

無心で唇に吸い付いてくるミクを、ルカは心から愛おしく思った。

(スイッチ、入っちゃった…)

ルカがミクの唇に舌を這わせる。
ミクはビクッとして薄目を開けたが、すぐに力を抜いて、されるがままになった。
ルカがノックするように舌で唇をつつくと、ミクは少しだけ口を開いた。
すぐにルカの舌が滑り込み、奥に潜んでいたミクの舌に絡みつく。
ミクはわけの分からないまま、快感に任せて夢中で舌を絡めた。

     ☆

五分も経ってから二人はようやく唇を離した。
ルカの呼吸も荒いが、ミクは百メートル走でも走ってきたように息も絶え絶えだ。
ルカが手の甲で口元の唾液を拭う。

(やりすぎちゃったかな…)

放心状態で寝転んでいるミクを見て、ルカはちょっと反省した。

ようやく正気が戻ってきたミクが、のろのろとソファに身を起こす。

「大丈夫?ミク」

「う、うん。ちょ、ちょっと、想像してたのよりすごすぎて…」

ひとつ大きく深呼吸をする。

「…ねえ、ルカ」

「何?」

「…初めてのキスって、普通こんなに激しいもの?」

思わず我を忘れてしまったのが恥かしくなって、ルカの顔が赤くなった。

「なんか盛り上がっちゃって」

「フレンチキスでよかったのに…」

「ごめんね、ミク。あなた初めてだったのに…嫌だった…?」

「…嫌かっていわれると、全然そんなことないんだけど…」

ミクはついさっきルカがいったような答え方をした。

「…溶けちゃいそうって何百万回も歌ってきたのに、初めて意味が分かった…」

「そう?ミク、わたしも気持ちよかった…」

二人ともなんだか恥ずかしくなって、会話が途切れた。



「…ねえ、ルカ、今してよ」

ミクの方が先に口を開いた。

「え?してって?」

「フレンチキス、今してよ」

ミクが眼を閉じる。
ルカはくすっと笑って、顔を寄せた。
二人は小鳥のようなキスをした。

     ☆

玄関のドアを開ける音がして、二人は慌てて左右に散った。
リンとレンが帰ってきたようだ。

「ただいまー」×2

バッグを抱えてリビングに入ってくるリンとレン。

「お、お帰りなさい」×2

リンが怪訝そうな顔で二人を見る。
やんちゃなレンと違い、リンはやたら勘の鋭い子で、場の空気を敏感に読み取る。

「…何してたの?テレビもつけないで」

「ミクと話してたの、ライブのこととか、ね?」

ミクがうんうんと首を振って頷く。

「ミク姉?寝てたの?」

「え?何で?」

「よだれの跡が…」

え、ウソ、といってミクは洗面所へかけて行った。
ルカは思わず手を口元にやりそうになったのをグッとこらえた。
さっき手の甲で拭ったから、わたしによだれは付いていないはずだ。

リンの視線があらゆる物を素早くチェックする。
ルカの着衣の乱れ、ソファのしわ、飲み残しの紅茶…。
ルカは素知らぬふりをしていたが、ミステリー小説の犯人になったような気持ちだった。

結局リンは何もいわず自分の部屋に行った。
戸が閉まる音が聞こえてから、ルカは大きな溜息をついた。

     ☆

一ヵ月後。

ミクたち四人は、レッスンルームに集まっていた。
仕事のない日は歌のレッスンを欠かさない。
リンが新曲に苦戦しているようだ。

「何かノレないのよね。難しい曲でもないのに、何でだろ?」

ミクがシーケンスファイルをチェックする。

「リンには難しい曲じゃないはずだけどね」

「でしょ」

「となるとやっぱり歌詞かなあ」

「あ、あたしの苦手な発音バカにする気だ」

リンがふくれっ面になる。
負けず嫌いなリンは、持ち歌の数やキャラクターグッズの売り上げで大きく水をあけられているミクに、強い対抗心を持っている。

「そんなんじゃなくて、初キッスの歌なのに、リンがしたことないからじゃないの?」

(あ、バカ) ルカが右手で顔を覆う。

リンが明らかにカチンときた顔をした。

「ミク姉だってないでしょ!」

「……」

「…何?今の沈黙?ミク姉、キスしたことあるの!?」

前述のとおり、リンは勘が鋭い。

「いや、ないない、ないってば」

「ウソ!ミク姉がウソつくときの癖が出てる!」

「え、そうなの?もう、教えてよ、その癖っての!」

実はそんな癖はないのだが、ミクはいつもこの手でウソを見破られている。

「ミク姉アイドルなんだから!週刊誌にでも撮られたどうすんのよ!もう!いったい誰としたの!?」

ミクが助けを求めるようにチラッとルカを見る。
ルカはそっぽを向いて犬を追い払うようにシッ、シッ、と手を振った。

「…ルカと」

仕方なくミクが白状すると、リンの背後にピシャーンと稲妻が落ちた。

リンはミクに対抗意識を燃やしているが、ルカには甘えている。
プライドが高くいつも気を張っているリンは、ルカを心のよりどころにしているのだ。

「ルカ姉!ホントなの!?」

「そうなんだけど、歌のためよ。ミクがどんな感じかどうしても知りたいっていうから…」

「あっ!あたしとレンがレコーディング行ってたときだ!」

「どうしてあなたはそう勘が鋭いの…大したことないのよ、ちょっとチュッってしただけだから」

ルカがなだめるが、リンは顔が真っ赤になって頭から湯気が出ている。

「そうそう、リンはまだ幼いんだから、キスなんか知らなくていいの」

ミクのこの言葉で導火線に火が付いた。

「も~!!バカにして~!あ、あたしも、ルカ姉と、キ、キスするもん!!」

レンはリンの頭が爆発するのが見えたような気がした。

「ミク姉もレンも出てって!!」

背中を押して二人をレッスンルームから追い出すと、家が揺れるような勢いでドアを閉める。
ミクが開けようとしたが、すでに鍵が掛けられていた。

「リン、開けなさい、早やまらないで」

ドアをノックしても反応がない。

「もう、リンったら。…まいっか。ルカがうまく収めるでしょ」

「ミク姉、マジ?今の話」

レンが変な目でミクを見ている。

「ホントだけど…何?レンまでキスしたいなんていうんじゃないでしょうね?」

「ボクは自分で相手見つけるから、いい」

レンはあまり興味がないようで、さっさとテレビの方へ行ってゲームを始めた。
色気づくのはまだ先のようだ。

     ☆

五分が過ぎ、十分が過ぎたが、リンとルカはまだレッスンルームから出てこない。

「…遅いわね…まさかルカ…」

「ルカ姉が変なことしないでしょ」

十五分が過ぎた。

「…どうしよう、リンがオオカミに食べられちゃう」

ミクがそわそわする。

「オオカミに食べられるって、仮にキスしたって、ちょっとチュッとするだけでしょ?」

「……」

「ミク姉?何、今の沈黙?」

二十分が過ぎた。
鍵を開ける音がしたので、ミクはレッスンルームに飛んでいった。
ルカに続いてリンが出てきた。
ルカはいつもどおりだが、リンの頬が上気してほんのり赤い。

「…したの?」

ミクが心配そうに聞く。

「大事にとっとくんだって」

ルカがリンの頭を優しく撫でる。
ミクは安堵の溜息をついた。

「よかった~。いい子ね、リン」

ミクもリンの頭を撫でる。

リンは赤い顔のまま、拗ねたように横を向いている。

「ホントよかった。あんなキスされたら、リンのトラウマになるんじゃないかと…」

いってしまってから、ミクはハッと口を押さえた。
ルカが天を仰いで十字を切る。
リンの頭上に真っ黒い雷雲が渦を巻き、巨大ないかづちがドドーンと落ちる。

「あんなキスって、どんなキスよー!!!」



                       おわり

沖縄県在住のピーナッツです。ちょこちょこと小説を書いたりしてます。

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    短い中にちゃんと話がまとまっていて面白かったです! 「おいおいおいちょっと待ってくれ」みたいな感じで次を読みたくなる展開から、最終的なオチへ上手く展開がされていますね。オチもちゃんと落ちているし、良かったです! いやあ失言って怖いものですね(笑
    執筆お疲れさまでした!

    2011/07/16 03:22:12 From  日枝学

  • userIcon

    メッセージのお返し

    日枝学さま

    ご感想ありがとうございます!

    「メッセージのお返し」でお返し先のチェックボックスを
    チェックしないといけないのを知らなくて、
    返信が遅くなってしまいました。申し訳ございません。

    初投稿で初感想…嬉しすぎ…(感涙)
    「面白かった」とのお言葉、感無量です。

    書くときは読者を飽きさせないように気をつけていますので、
    「次を読みたくなる展開」という評価もたいへん嬉しいです。

    次回作も読んでいただけるよう頑張ります。
    ありがとうございました!

    2011/07/17 00:42:47 ピーナッツ

もっと見る

▲TOP