偲ばずにはいられない。

投稿日:2017/01/27 17:45:37 | 文字数:790文字 | 閲覧数:126 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

「また来ようね。」


歌詞先提供作
上野をテーマに書きました
デュエット曲なので二人の視点が混ざっています

・上野オフ会コンピvol.1『Comodo!~ゆったりと楽に~』収録
・作曲:りょう@OSN

※敬称略

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

君が嬉しそうにするから また来ようね、って言った
アメ横前の交差点 軋む鉄の音 かき消された高架下


週末の匂い 温かな陽気
子どものように手を引かれ歩いたこの道
隣にはいない君の横顔ちらついた

些細なすれ違い
落ちこみそうなときは決まって来たくなるけれど
案外きっとそうじゃない
惹かれてしまうような何かがここにあるのかも

どうして素直に気持ちを伝えよう
まるでこれじゃ無口な道化師だよね

ひとりじゃ広すぎる公園を 木漏れ日の風 浴びて
呼び合う名前聞いては振り返ってしまう
ギターを片手に歌うひと 素朴に幸せを問う
寂しさは拭えないね ふと呟いていた


休日の憩い 穏やかな空気
昨日のように思い出す
あるいはそんなに遠くない未来
言葉より手を繋ぎたい

あなたは今どこにいるんだろうなんて
不器用なのがもどかしい
降り立った午後四時にあの影は見えない
銅像の前に立ち尽くす

どうして避けたの ボートは沈まないのに
私のためだと言って聞かなかったのはなぜ

見ているだけでいいからと言うあなたの手を引いて
あとで知ったジンクスに悲しさを覚えた
期待をしてたわけじゃないの
また言い訳をしてる
帰ってくるはずのない待ち合わせの場所で


俯くベンチ 誰かの足音
もしかしてと駆け出す心臓
人違いにほっとする私と
遠くから見ることしかできないぼくは

またここで出会ってしまうことを怖れていた
なのになぜ
そうであってほしいと願っているんだろう……


ひとりじゃ広すぎる公園を
あなたの(君の)手を握って
アメ横前の交差点 お別れ恋しくて
ギターを片手に歌うひと 素朴に幸せを問う
寂しさを埋め合えたら ふたり思っていた


「ごめんね」

何気なく呟いた

顔を上げたその先に
泣きそうな君の(あなたの)目がそこにはあった


軋む鉄の音 いつまでも耳に残っていた

作詞を中心にマルチ活動中(・ω・)

基本的に曲先で作詞しています。
詞先でもいけます。
……あまり書かないけど。

依頼はもちろん
「曲つけてやんよ!」って方は大歓迎です。
募集タグがついた歌詞は随時受付中ですのでお気軽にご連絡ください。
DMが一番反応早いです。

気がついたらほとんどツイッター引きこもりスタイルになっていました。(良かったらフォローしてね)

●Twitter
https://twitter.com/Moo_sa94

●niconico【創作マイリスト】
http://www.nicovideo.jp/mylist/31034023


知り合いの簡単な動画を担当してみたり、アナログでイラストも描いてみたりしています。(例:アイコン)

基本的に作詞のみの依頼の受付をしていますが、イラストや動画でコラボしたいという物好きな方がもしいらっしゃいましたら要相談となりますがご連絡くだされば応対致します。


作品の感想などを頂けるととてもありがたいです。

……というかくれ。ください。('д'*)オクレ
褒められたら喜びます。褒めるほど伸びる子です。(当社比)


ついに本格的に(?)作曲にも手を出しました。
なんやかんや編曲してもらって投稿もしています。
詳しくはTwitterへどうぞ←

全部セルフの作品を投稿するのが今後の目標です。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • 偲ばずにはいられない。

    by りょう@OSNさん

オススメ作品10/19

もっと見る

▲TOP