夕暮れ落ち葉とイノセンス

投稿日:2010/10/11 14:44:56 | 文字数:295文字 | 閲覧数:490 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

歌詞というか河岸

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

ほらね秋空に 努々囃子
嘘ねそんな笑顔じゃ すぐばれる
またね逢いましょう 浦々紅葉
いいわね合言葉すら 何だか思いだせず

雨音は夢の続き 今はもう誰の空
さよならの言の葉さえ 霜月の幻か
月影に忘れぬ君 凛と咲くあの花と
踊りましょう手を繋いで 幼き頃の様に

憶えておりますか?
電気仕掛けで きらきらの水面
消えていくのですか?
いつかのように

山の端に静むは闇 気がつけば独りきり
いつぞやの童歌も ぼんやりと霞むのみ
遠すぎて秋の月夜 過ぎ去りしぬくもりを
歌いましょう七三七 恋しきは帰り路

憶えておりますか?
時を忘れて 夜明けまで一緒
消えていくのですか?
思い出さえ

関内二郎、野猿二郎、中山二郎が好きです
A340の魅力に最近気がつきました

http://blogs.dion.ne.jp/zani0/

もっと見る

この作品URLを含むツイート1

もっと見る

▲TOP