デートのお誘い

投稿日:2010/04/25 19:56:39 | 文字数:1,204文字 | 閲覧数:336 | カテゴリ:小説

ライセンス:

『デート』って言葉がなんだかこっぱずかしい…最近はあまり聞かない単語ですよね(笑)最近の子は使わないのかなww

ミクカイです!お兄ちゃん大好きなみくみくが書きたくて、またも小1時間くらいでダカダカ書いてました。
前回のめーちゃんのよりはオチたのではないかと……オチてはないですね、すみません(笑)

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

カイミク(ミクカイ?)です。
ご注意ください。





チュン、チチチ……

「ん……」

鳥の声とカーテンの隙間から洩れてくる光の眩しさに、私は目を覚ました。
寝ぼけている目をコシコシ擦りながら窓まで行ってカーテンを開ける。

「うわぁ」

眩しいと思ったら今日は快晴!!雲ひとつない青空が広がっていた。

「すごい、いいお天気!……お兄ちゃんの色だぁ」

カイトお兄ちゃんは私の自慢のお兄ちゃん。青い髪に青い瞳でとってもキレイ!
歌がすごく上手くて、優しくて、かっこよくて、大好きなたった一人のお兄ちゃん。

「……よし。決めた!!」

今日はお兄ちゃんとお出かけしよう。うん。お兄ちゃん、今日はなんにも予定ないかな?一緒に遊んでくれるかな?あぁっ服は何着よう。えへへぇ。

お兄ちゃんとお出かけって考えただけでドキドキして顔がニヤけてくる。もしかしたら今日は都合が悪くて遊んでもらえないかもしれないのに、そんなことは考えない。

急いで着替えて支度をし、私は部屋から飛び出した。

リビングに行くと、お兄ちゃんはいつものように幸せそうな顔をしてアイスを口に運んでいた。
私はそんなお兄ちゃんに後ろから思いっきり抱きつく。

「おにーちゃーん。おはよー」

「ぐぇっ」

ん?変な声?
あ。勢い余って思いっきり首絞めちゃった。ごめん、お兄ちゃん。

「ケホッ……み、ミク。おはよう。朝から元気だね」

「うん。ねぇねぇ、お兄ちゃん。今日忙しい?」

私の言葉にお兄ちゃんはアイスを食べてたスプーンを口にくわえたまま、「うーん」と少し首をかしげた。
あぁ、そんなちょっと間の抜けた仕草もとてもかわいいわ、お兄ちゃん。

「今日は特にレコーディングもないし、何もなかったと思うけど…」

やた!!誘わなきゃ!

「じ、じゃあ、き、今日は、あの、その…」

あ、あれれ?何だろう。なんだか急に、上手く言葉が出てこない。

「??」

お兄ちゃんがきょとんとした顔で傾げた首を更に傾けていた。

どうしたの、私!お兄ちゃんが変に思っちゃうよ。『一緒にお出かけしよう』ってただそれだけじゃないの。

「あ、あのね、き、今日、わ、わたしと…」

さぁ言え!ちゃんと言いなさい、私!!

「わ、私とい、一緒に…」

必死にそこまで言葉を紡ぎ出した時、お兄ちゃんは「あぁ」と何かに気付いたように、にっこりと、満面の笑顔を私に向けた。

「今日は天気が良いから、どこか出かけようか?もちろん、ミクがよければ」

「う、うん!行く!!」

思いっきり勢いよく首を縦にふった私の頭をお兄ちゃんはにこにこしながら撫でてくれた。

えへへ。
優しい優しいお兄ちゃん。
気づいてくれたことが嬉しくて。私は顔の形が変わってるんじゃないかって思うくらい顔をくしゃくしゃにして、お兄ちゃんに笑いかけた。

「お兄ちゃん、大好き!!」

思い立ったら吉日生活。やりたいことはとりあえず手をつける。
こちらのアカでは主にイラストと小説かいてます。

別垢⇒『高橋ビール』 http://piapro.jp/takahashi_beer
※主に楽曲制作。

兄さん大好き。基本「愛され兄さん」が大好物なので、もう兄さん受なら基本なんでもバッチコイ(`・ω・´)

すみません、古いイラスト軒並み削除しました。恥ずかしくて耐えられなかったorz

pixiv⇒ http://www.pixiv.net/member.php?id=1633336
ツイッターにもこっそりいます ID…kedamono_cat (猫科の肉食獣) http://twitter.com/kedamono_cat

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/30

もっと見る

▲TOP